1. ホーム
  2. 大学について
  3. 活躍する卒業生
  4. 日本の平和と発展を中東から

日本の平和と発展を中東から

金田 宏之さん

大使館書記官(外務省職員)
法学部 国際政治学科 2000年卒業

出会う人との信頼関係が日本の、世界の未来につながっている

私は中東各国に駐在し、日本との関係強化について関係者と話をしたり、大使に同行して現地語の通訳をしたりしています。現在の勤務先はアフガニスタンにある日本大使館です。皆さんには実感がないかもしれませんが、いま日本は多くの国と良好な関係を築いているおかげで、安全の確保などさまざまな恩恵を受けています。そんな、他国との関係構築に携わる上でつねに考えるのは、いかに相手を「正しく」理解するか。人はどうしても自分のフィルターを通して相手の言葉を「解釈」してしまうもの。言語や歴史が異なる外国人が相手であればなおさらです。だからこそ、そのズレをこまめに解消し、相手の視点・考え方に少しでも近づけるよう努めることで、より深くわかり合えると思うのです。私が現地の方々への理解を深め、親密につながることができれば、日本と中東との友好関係に貢献できるはず。相互の結びつきをもっと強めていくために、今後も、出会う一人ひとりと真摯に向き合い続けていきたいと思います。