1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 国際コミュニティ学部
  4. 国際政治学科

国際政治学科

現地交流を行いながら世界各国の多様な見方・考え方への理解を深める

国際化した地域社会において活躍できるよう、諸外国の政治、文化、歴史の学びを通じて国際性と課題解決力を身につけ、コミュニケーションツールとしての英語力を高めます。1年次の夏休みから第3学期にかけて、韓国、アメリカ、フィリピンなどでの体験実践や国内での体験実践を通じて、多様性への理解を深め、学びと成長の基盤を形成します。コミュニケーションツールとしての英語学習は4年間、集中的・継続的に行います。

学びのポイント

  • 1年次からの異文化体験を支える集中的な英語学習
  • 国際社会の政治課題に関する体系的なカリキュラム
  • 国際感覚を養う少人数でのアクティブラーニング

学科の4年間

年次配当科目

1年次

4学期制の学習サイクルで学習スキルを身につけ、学外学習に取り組む

世界の諸問題を深く理解するための多様な方法や視点を幅広く学び、現代世界を生き抜く豊かな国際感覚を磨きます。

Pick up Study

異文化理解論

竹井 光子 教授

グローバル社会の多様性を3つの視点から考える。
言語・文化・宗教の3つをキーワードに、多文化共生社会において必要とされる異文化理解能力を身につけることをめざします。

2年次

世界の諸問題に関心を持ち、専門領域を広く深く学び、海外留学に挑む

世界の諸問題への関心や将来像に応じて専門領域を中心として幅広い領域を学び、自分の知識を広め、深めていきます。

国際コミュニケーション領域

国際共通語としての英語によるコミュニケーション力を養成するとともに、異文化コミュニケーションの重要性を意識づける科目群。

国際政治領域

世界に広がる国際政治の諸問題を扱い、かつ先端的な問題を考える科目群。

地域研究領域

世界各地の歴史分析と現状分析を考察していく科目群。

政治・経済領域

国際政治の基礎となる政治・経済の関連科目や国際経済に関する科目を配置する科目群。

3年次

国際政治学・世界諸地域の知識・理解を広め深めつつ、ゼミで自分のテーマを研究する

より高度で発展的な国際政治学・政治学・異文化の知識や思考力を身につけ、ゼミナールで興味のあるテーマについて追究していきます。

4年次

4年間の学びを集約する

大学時代の学修の総まとめとして、卒業研究に挑戦しましょう。取り組むテーマや論文完成に向けてゼミナールの教員が指導します。

ゼミナール

国際政治学科のゼミナール紹介はリンク先ページをご覧ください。
開講ゼミナールのうち、4ゼミナールを紹介しています。

特長的な学び

体験実践論

みなさんは、自分自身の体験を友だちに説明するときに、何か伝わらないもどかしさを感じたことがありませんか?体験実践論は、国際コミュニティ学部の一年生がみんな経験する学外学習(体験実践)での個人的体験や感想を、客観化して人に語り、社会課題との関係や大学での学びとの関わりを考える科目です。抽象化や一般化は、知識や考察を深めるときに必要なプロセスです。これを入学から間もない段階で文字通り実践する体験実践論は、フィールド体験から世界や地域を考える、国際コミュニティ学部の学びの基礎となる特長的な科目です。

取得できる資格・免許状

進路

地域と世界をつなぐ仕事へ

ローカルとグローバルの学びを、多くの業界に活かすことができます。

2021年度 就職データ

※2022年5月1日現在

主な就職先
安芸太田町職員/北川鉄工所/国家公務員(一般職・大卒程度)/山陰合同銀行/中国電気保安協会/広島ガス/広島銀行/広島県警察/広島信用金庫/ヒロテック/復建調査設計/三井住友信託銀行

卒業生の声

西日本鉄道株式会社 就職

2022年3月卒業 田中 菜穂子
山口県立防府高校出身

1年次にニュージーランドでのファームステイを経験。文化や価値観の違いを実際に経験することができ、とても刺激的でした。ゼミでは「異文化間の理解・摩擦・紛争」に関する問題の中から、個別のテーマを設定して研究。3年と4年の合同授業では自分以外のゼミ生の研究発表を聞いて、知らなかった知識をたくさん得られました。今後私が配属される鉄道会社の国際物流部門は、海外の方との仕事が多いため、ゼミで培った異文化理解の知識を用いてコミュニケーションを図りたいと思います。

卒業生の声 リンク