1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 健康科学部
  4. 健康栄養学科

健康栄養学科

食事・栄養に関わる資格取得をめざし実践授業を繰り返して専門性を高める

「管理栄養士」(国家資格)取得に向け、HACCPに基づく衛生管理の下、最新式の調理機器を完備した調理室などで栄養学を学修します。加えて、栄養教諭養成課程を設置し、教員免許の取得も可能です。公的保健機関、病院・福祉施設、学校などで管理栄養士として活躍するだけではなく、一般企業において赤ちゃん、お年寄り、美容などのための食品開発部門で活躍できるよう、多様な経験を持つ教授陣が指導します。

学びのポイント

  • 管理栄養士養成課程に則った体系的な教育
  • 地域配食サービスなどの実践的実習
  • 栄養教育のためのカウンセリング理論と技能の修得

学科の4年間

年次配当科目

1年次

栄養と健康の基礎知識を蓄える

管理栄養士としての専門知識を学ぶための基礎知識を蓄えます。

Pick up Study

食品学実験Ⅰ

黒飛 知香 助教

管理栄養士として食品企業などで必要な食品学の知識や官能評価をはじめとした分析技術を学びます。また、人の感覚に対応した粘度の測定ができる新規手法(SBE法)を大学として最初に導入し活用しています。

2年次

現場で活かす専門技術を高める

栄養管理・栄養教育に不可欠な知識や技術の習得をめざします。

応用栄養学

ライフステージに沿った栄養摂取の特徴や栄養ケアマネジメントの基本を学びます。

臨床栄養学

疾病と栄養摂取・身体状況の変化を学び、エビデンスに基づいた栄養管理を実践できる力を養います。

給食経営管理実習

調理から大量調理へ、最新の調理機器を使用し、喫食者が満足できる衛生管理された食事の調製を可能にする知識と技術を学びます。

栄養教育論

個人または集団が自らの栄養・食生活に関して必要な知識の習得、態度の形成、行動の変容ができるよう支援するための理論を学びます。

3年次

臨地実習で実践力や人間性を高める

学内での実習や演習を通じて、現場で活用できる専門技術を高めます。

4年次

臨地実習や卒業研究を行い、国家試験合格へ

臨地実習を始め、卒業研究など4年間の集大成として国家試験合格へ向けて努力します。

ゼミナール

健康栄養学科のゼミナール紹介はリンク先ページをご覧ください。

特長的な学び

管理栄養士養成課程

管理栄養士は、専門的な知識と技術により一人ひとりの身体状況に応じた栄養教育や栄養ケアを行う人材です。健康栄養学科では、ますます進む高齢化社会の中であらゆるライフステージを対象に、病院、福祉施設、学校などの施設において人々の栄養と健康を支援する管理栄養士となるための専門知識と技能を体系的に学修します。

取得できる資格・免許状

特色ある取り組み

特色のある取り組みを紹介しています。詳細はリンク先をご覧ください。

進路

各種施設で地域に貢献

病院などの地域の施設で、栄養の専門家として活躍できます。

2021年度 就職データ

※2022年5月1日現在

主な内定先
アイグラン/エームサービスジャパン/グリコマニュファクチャリング ジャパン/タカキベーカリー/日清医療食品/広島駅弁当/広島県・広島市公立学校/広島市職員Ⅰ種(行政)/福留ハム/フジパングループ本社/LEOC/東京海上日動火災保険

卒業生の声

広島県 栄養教諭 就職

2022年3月卒業 須川 美結
島根県立津和野高校出身

多くの人との関わりが成長につながりました。私は広島産物である小松菜のPR活動チームに所属し、レシピを作成してフードフェスティバルなどで提供。その際に、仲間との関係を深められただけでなく、たくさんの地域の方々とお話しすることができ、そのおかげで広島の食材の良さをもっと伝えていきたいという思いが高まりました。今後は子どもたちが楽しみながら食に関する知識を深められるアイデアのある授業作りを日々研究し、地域の郷土食や行事食の価値もしっかり伝えていきたいです。