1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 健康科学部
  4. 健康栄養学科

健康栄養学科

管理栄養士としての指導力と給食経営実践力の向上を図るカリキュラム。

「管理栄養士」(国家資格)の取得に必要な人体の構造と機能および疾病の成り立ち、食べものと健康、臨床栄養学、給食経営管理論などの管理栄養士養成課程としての必須科目を備え、加えて栄養教諭養成課程も設置しています。また本学科の特長として、心理学的支援に関する科目を履修でき、学習意欲に応えます。さらに、臨地実習体験前に、「地域配食」を実践する科目を設置し、地域で生きた学びを実践しつつ、管理栄養士としての指導力や実践力を培います。

学びのポイント

  • 管理栄養士養成課程に則った体系的な教育
  • 地域配食サービスなどの実践的実習
  • 栄養教育のためのカウンセリング理論と技能の修得

学科の4年間

1年次

栄養と健康の基礎知識を蓄える

管理栄養士としての専門知識を学ぶための基礎知識を蓄えます。

Pick up Study

給食経営管理論Ⅰ

藤井 文子 教授

管理栄養士業務の一つである給食施設の管理責任者として、給食運営の業務内容とシステムを理解し、食事計画に基づいて安全・安心な食事を提供するための基礎知識を学びます。

2年次

栄養管理の基礎を固める

将来の栄養管理や栄養教育に不可欠な知識や理論を学びます。

心理学系科目

栄養教育・栄養指導を行う上で役立つ心理学・カウンセリング関連の知識や技能を修得します。

配食サービス実習

地域の高齢者を対象に配食サービスを実施し、今後需要が高まる分野について学びます。

応用栄養学

基礎栄養学を根幹として、ライフステージ別栄養素摂取の基準や栄養ケア・マネジメントの理論を学びます。

臨床栄養学

基礎栄養学の観点から疾病と栄養の関係を学び、科学的根拠に基づく栄養管理・支援・教育を実践します。

3年次

現場で活かす専門知識と技術を培う

学内における実習や演習を通じて、現場で求められる専門技術を高めます。

4年次

臨地実習で応用力を高める

4年間の集大成として実習に取り組み、管理栄養士としての応用力を高めます。

年次配当科目

取得できる資格・免許状

ゼミナール紹介

Pick up Seminar

卒業基礎ゼミ/山内 有信 教授

基礎または発展研究で食品成分の健康効果を栄養生理・生化学的に検証。
学生の声
ー自分たちで体験するから理解の深さが違います。ー
栄養生理学的な実験を、実際にゼミ生が被験者になって行います。自分の体を通すことで、どんな生理過程を経て栄養素が体内で利用されるのかがよくわかります。
牛房 麻衣 4年
広島県立広島高校出身

進路

各種施設で地域に貢献

病院などの地域の施設で、栄養の専門家として活躍できます。

進路の参考データ

就職先の種類
医療施設(病院)/企業社員食堂/幼稚園・保育園/小・中学校/高齢者福祉施設/給食委託業者/都道府県職員(保健所・保健センター)/厚生労働省/自衛隊/薬局・ドラッグストア/健診施設/栄養コンサルタント/食品企業/大学・研究施設 など