1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人文学部
  4. 人間関係学科社会学専攻

人間関係学科社会学専攻

2年次から複数の専門ゼミナールを履修可能。

複数の教員が開講する専門演習を履修でき、社会学のさまざまな領域と方法を幅広く学習できます。また、2年次生から4年次生までが一緒に学ぶので、学年を超えたディスカッションを通じて理解が深まります。

学びのポイント

  • 複数教員のゼミナールに所属可能
  • 1年次から一貫した体系的カリキュラム
  • 高度情報化社会に対応

学科の4年間

1年次

1年次から一貫した社会学カリキュラム

基礎と専門の両方の科目を学び、4年間の高度な知識の基盤をつくります。

2年次

2年次から専門演習を複数履修可能

幅広い演習から複数科目を履修。情報処理関連の資格修得もできます。

Pick up Study

表象文化論

河口 和也 教授

社会において想像され、表現されるものを捉えるための理論と分析方法を身につける。
人は想像し、表現します。私たちの社会は、そうした想像や表現により文化を創造します。その文化事象を分析し、考察する分野です。

Pick up Seminar

応用社会学演習

田中 慶子 准教授

個人的な経験を基に、社会的な問題について考えを深める。
各自の経験を基にディスカッションすることで、私的経験を社会的な問題として理解。感情社会学の視点と方法を身につけます

3年次

各自の研究テーマをより深める

専門演習・専門科目を学びながら、研究を深め、進路を具体化していきます。

4年次

4年間の集大成としての論文執筆

「卒業研究・論文」に取り組み、4年間の成果を論文として執筆します。

年次配当科目

取得できる資格・免許状

開講演習紹介

Pick up Seminar

現代社会論演習/中根 光敏 教授

学生の声
ー社会学的視点で世の中を見ると、いろいろな発見が!ー
社会の「当たり前」を疑い、そこにある本質を探っています。過労自殺は会社経営側から見るとどんな問題と言えるかなど、考えさせられる内容ばかりです。
蔭山 奏
長崎県立西陵高校出身

その他の開講演習

社会意識論演習/狩谷 あゆみ
犯罪社会学演習/狩谷 あゆみ
親密性の社会学演習/河口和也
表象文化論演習/河口和也
国際社会学演習/高田峰夫
エリア・スタディーズ演習/高田 峰夫
ボーダー・スタディーズ演習/高田峰夫
感情社会学演習/田中慶子
感情労働論演習/田中慶子
現代社会論演習/中根光敏
社会調査演習/中根光敏
安全政策論特殊演習/中根光敏 ほか
カルチュラル・スタディーズ演習/野村浩也
文化社会学演習/野村浩也
コミュニケーション論演習/山里裕一
アニメ社会学演習/山里裕一
クールジャパン現象研究演習/山里裕一

進路

それぞれが興味を追求

多様な進路の中から、興味のある業界を選ぶことができます。

就職データ

主な就職先
(株)イズミ /(株)九電工 /呉信用金庫 /シャープマーケティングジャパン(株) /新日本空調(株) /(株)ディスコ /(独)国立病院機構中国四国グループ /広島市職員Ⅰ種(行政) /福山市職員Ⅰ種 /富士フイルムビジネスイノベーションジャパン(株) /三井不動産リアルティ中国(株) /(株)やまみ

卒業生の声

国土交通省中国地方整備局(国家公務員一般職) 就職

2021年3月卒業 山岡 奈央
広島県立広高校出身

社会学は、研究領域が広い学問。2年次からゼミに所属し、社会学的な考察方法を教わりながら探究テーマを絞り込んでいきます。私は職場内での男女差別など、日本の労働環境について、仲間と議論しながら研究を進めました。議論や研究で大切なのは、調査内容をもとに、自分の考えをきちんと示すこと。文献に書いてあることをうのみにせず、批判的・主体的に情報を吟味し、取捨選択していく姿勢は、これからも忘れないようにしたいです。

卒業生の声 リンク