1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人間環境学部
  4. 人間環境学科

人間環境学科

多様な視点から、環境問題に関する課題解決力を身につける。

自然科学、人文科学、社会科学などを学びながら、さまざまな角度から環境問題を検討する力を育みます。その上で地域社会と協力したフィールドワークに取り組み、自分の目で現状を確かめたり、地域の人に取材をしたり、多くの経験を積むことで専門性を高めていきます。

学びのポイント

  • 環境の課題を理解し、考察できる多分野の学び
  • 入門から発展まで、段階的に学べるカリキュラム
  • フィールドワークによる課題解決能力の修得

学科の4年間

1年次

人間環境学を学ぶためのマインドを育む

環境を考える上で最も重要な入門知識と価値観や態度を身につけます。

Pick up Study

人間環境学概論

奥田 圭 准教授 他6名

どの専門分野にも欠かせない、人間環境学の根幹を理解する。
地球環境の現状や持続可能な社会づくりの事例などを幅広く学び、環境問題に取り組む際の考え方や、持続可能な社会とは何かについて理解していきます。

2年次

実践を通じて学びを深める

少人数のフィールド科目やゼミナール科目に取り組み、知識を実践に活かします。さらに2つのコースで専門的に学びを深めることができます。

環境プロジェクト

広島県内を舞台に、各地域・テーマに沿って課題の解決や新たな価値の発掘に取り組みます。

プレ・ゼミナール

自然環境保護の重要性についての意識の向上や、環境に関わる情報を理解・表現する能力の養成をめざします。

環境マネジメントコース

環境経営の分野を中心に学びながら、環境問題の解決における企業の役割について理解する力を身につけます。

環境教育コース

フィールドでの実践的な学びを重視しながら、さまざまな領域で環境教育に取り組むことができる力を身につけます。

3年次

ゼミで自分のテーマを追究

環境ゼミナールを履修して自分が関心のあるテーマを深く追究します。

4年次

4年間の学びを集約

研究してきたテーマをまとめ、卒業研究としてまとめ上げます。

年次配当科目

取得できる資格・免許状

ゼミナール紹介

Pick up Seminar

環境ゼミナール/西村 仁志 教授

学生の声
ー行政が対応できない問題を解決する方法を探っていますー
集団の力で課題を解決するソーシャル・イノベーションが学びのテーマ。私自身は「社会をひらくアート」という分野に注目して学びを深めているところです。
居倉 菜々花
広島県立呉宮原高校出身

その他のゼミナール

企業活動と環境問題の経済・経営分析/岩田 裕樹
野生動物の生態・管理・保全/奥田 圭
市民と科学/川村 邦男
資源・エネルギー/坂本 智幸
食と農の地理学/佐々木 緑
持続可能な発展のための環境政策論/羅 星仁
環境評価論/長谷川 弘
環境社会学/松川 太一

進路

あらゆる業界で活躍可能

興味のある業界で、自分なりの方法で環境や社会と関わっていくことができます。

就職データ

主な就職先
(株)イズミ/(株)ウッドワン/(株)エディオン/オハヨー乳業(株)/キヤノンシステムアンドサポート(株)/国家公務員(一般職・大卒程度)/外林グループ/(株)ディスコ/広島市職員Ⅰ種(行政)/広島市農業協同組合/広島信用金庫/(株)三井不動産ホテルマネジメント

卒業生の声

広島県警察 就職

2021年3月卒業 原田 真太朗
広島県立福山明王台高校出身

人間環境学部では、地球環境や住環境、食環境など、身の回りの幅広い分野から興味のあるテーマを見つけ、ディスカッションや発表を通じて学びを深めていきます。当初は、発表や議論がうまくいかないこともありましたが、事前に計画を立てて本番に臨み、本番後に改善点を見つけて次に活かすPDCAサイクルを繰り返すことで、自分の意見を伝えながら、相手の意見もきちんと汲み取る対人能力が鍛えられていきました。就職後もこの経験を忘れず、着実に成長していきたいです。