1. ホーム
  2. 大学について
  3. 教育方針(3つのポリシー)
  4. 現代経済学科

現代経済学科

現代経済学科では、伝統的な経済学の成果を取り入れつつ、独自の視点から新しい経済教育を行ないます。国際・金融・情報・環境など現代的なテーマを重視し、また統計的手法や計量的手法も積極的に取り扱います。現代経済学科の教育目標は「現代の経済社会を体系的に把握かつ科学的に分析する能力を有する人材」を養成することです。この教育目標を達成するために、現代経済学科では、以下の3つのポリシーを定めます。

I.学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

現代経済学科は、学生一人ひとりが「現代の経済社会を体系的に把握かつ科学的に分析する能力を有する人材」となることができるよう、以下の3点を学士課程教育において身につけるべき学士力として明示します。

1.知識と技能

経済社会に関する基礎知識や基本技能を修得し、それらを時事経済の理解や日々の経済活動に活用できる能力を有すること。

2.思考力・判断力・表現力

修得した知識や技能にもとづいて、実際の経済問題や経済現象に着目し、その解決や解明に向けて論理的に思考・判断かつ科学的に分析する能力を有し、さらに分析結果を的確に表現できる能力を有すること。

3.多様な人々との協創

経済社会における諸問題や諸現象に対し、各人が主体性を持って専門的学修を行なうと同時に、多様な人々とも協働し、協創する学修姿勢を有すること。

II.教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)

現代経済学科は、学生一人ひとりが円滑に大学の学修を開始し、学士課程をとおして深い学識を身につけ、「現代の経済社会を体系的に把握かつ科学的に分析する能力を有する人材」となることができるよう、以下の3点を教育課程の編成方針として明示します。

1.基礎から発展へ

経済社会を学ぶための初年次教育を実施します(修道スタンダード等)。そして主専攻科目群として、数量経済(A群)、総合現代経済(B群)、現代経済分析(C群)を設置し、基礎科目から発展科目まで専門教育を行ないます。また、多様な入学生を想定し、初年次から少人数教育を充実させると同時に、高学年次にはゼミ教育・卒論教育等を通じ、各人に専門的指導を行ないます(D・E群等)。

2.視野の拡大

広範な視野・視点を養うべく、法律関係科目など、他学部・他学科から関連科目・周辺科目を導入します(G・H群等)。また、国際化への対応の一環として、語学関連や異文化関連の科目を導入します(I群等)。

3.経験の拡充

実社会や地域社会で主体的に活動し、また多様な人々と協働・協創し、様々な経験や体験を蓄積させるべく、地域関係やインターンシップ関係等の現代経済学科独自の実践的科目を開講します。

III.学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

1.求める学生像 

現代経済学科は、学士課程教育を受ける際に必要とされる基礎学力および主体性等を備えた人を、様々な入学試験制度によって選抜し、受け入れます。現代経済学科が求める学生像は、経済社会・経済問題・経済現象等に強い関心を持ち、これまでの学修経験を通じて、以下の「知識・技能」、「思考力・判断力・表現力」、「主体性等」を有する人です。
 
(1)知識・技能
高等学校における英語・国語・数学の初等的な知識・技能は修得していること。すなわち、現代経済学の講義を受ける際に最低限必要とされる基礎学力を有し、真摯に受講すれば講義内容を十分に理解できる能力を有する人。

(2)思考力・判断力・表現力
経済問題や経済現象に対し、論理的かつ科学的に思考・判断する能力を有し、さらに考察結果を明快に表現する能力を有する人。

(3)主体性等
経済問題や経済現象に常に関心を持ち、主体的・能動的に学修に取り組むと同時に、学修過程において多種多様な他者と明朗快活にコミュニケーションをとる能力を有する人。

【入学前に学習しておくことを期待する内容】 文科系・理科系を問わず、あるいは商業・工業・総合等の学科を問わず、高校低学年次における英国数の必須科目は確実に学修しておいてください。その基礎学力と真摯な学修姿勢があれば、現代経済学科の大半の講義は修得できます。 

2.入学試験制度と評価方法

現代経済学科は、以下の入学試験制度ごとに、「知識・技能」、「思考力・判断力・表現力」、「主体性等」を多面的・総合的に評価します。それぞれの入学試験制度における評価の比重と評価方法については、別表をご覧ください。
 
(1)一般選抜
入学後に必要な基礎学力を有する生徒を選抜するために、個別学力検査と調査書によって多面的・総合的に評価します。前期C日程では、取得した英語資格も加味します。後期日程では、個別学力検査で合否ラインの得点帯の受験生について、調査書に記載される主体性に関する情報を評価して、個別学力検査の得点に加点したうえで合否判定します。
一般選抜では、学力の3要素のうち、知識・技能、思考力・判断力・表現力に重点を置いて評価・判定します。

(2)共通テスト利用選抜
入学後に必要な基礎学力を有する生徒を選抜するために、大学入学共通テストの成績と調査書によって多面的・総合的に評価します。
共通テスト利用選抜では、学力の3要素のうち、知識・技能、思考力・判断力・表現力に重点を置いて評価・判定します。

(3)一般・共通テスト併用選抜
入学後に必要な基礎学力を有する生徒を選抜するために、一般選抜(前期日程)の個別学力検査、大学入学共通テストの成績および調査書によって多面的・総合的に評価します。
一般・共通テスト併用選抜では、学力の3要素のうち、知識・技能、思考力・判断力・表現力に重点を置いて評価・判定します。

(4)総合型選抜
講義理解力試験で現代経済学を学ぶ際に必要な「思考力・判断力・表現力」を評価します。また、面接・出願書類にもとづいて、現代経済学科入学を強く希望しているか、学修のみならず万事に真摯かつ熱心であるかなど、「主体性等」を評価します。
総合型選抜では、学力の3要素のうち、思考力・判断力・表現力および主体性等に重点を置き、調査書にもとづく知識・技能の評価を加味して多面的・総合的に評価・判定します。

(5)学校推薦型選抜(公募)
現代経済学科入学を強く希望し学校長が推薦する学修意欲の高い生徒を、一定の評定平均値を条件に、英語方式・小論文方式・指定資格方式・英語資格方式で選抜します。
英語方式・小論文方式では個別学力検査で知識・技能、思考力・判断力・表現力を評価し、面接・出願書類で主体性等を評価し、調査書も加味して多面的・総合的に評価・判定します。指定資格方式・英語資格方式では面接・出願書類で知識・技能、主体性等を評価し、調査書で思考力・判断力・表現力を確認して多面的・総合的に評価・判定します。

(6)学校推薦型選抜(指定校)
修学実績をともなう高校等を対象に、現代経済学科入学を強く希望し学校長が推薦する生徒を、一定の評定平均値を条件に選抜します。志望理由書等にもとづいて現代経済学科入学を強く希望していることを確認し、面接で特に主体性等を評価します。
学校推薦型選抜(指定校)では、学力の3要素のうち、主体性等に重点を置き、調査書にもとづく知識・技能および思考力・判断力・表現力の評価を加味して多面的・総合的に評価・判定します。

(7)学校推薦型選抜(附属校)
【専願】
附属高校を対象に、現代経済学科入学を強く希望し学校長が推薦する生徒を、一定の評定平均値を条件に選抜します。志望理由書等にもとづいて現代経済学科入学を強く希望していることを確認し、面接で特に主体性等を評価します。
学校推薦型選抜(附属校・専願)では、学力の3要素のうち、主体性等に重点を置き、調査書にもとづく知識・技能および思考力・判断力・表現力の評価を加味して多面的・総合的に評価・判定します。

【併願】
附属高校を対象に、現代経済学科入学を希望し学校長が推薦する生徒を、一定の評定平均値を条件に選抜します。志望理由書等にもとづいて現代経済学科で学修することの意義を理解し学習意欲があることを確認し、面接で特に主体性等を評価します。
学校推薦型選抜(附属校・併願)では、学力の3要素のうち、主体性等に重点を置き、調査書にもとづく知識・技能および思考力・判断力・表現力の評価を加味して多面的・総合的に評価・判定します。

(8)帰国生選抜
帰国生選抜は、総合型選抜と同じ方式で評価・判定します。

(9)外国人留学生選抜
小論文によって知識・技能および思考力・判断力・表現力を評価し、日本留学試験の成績によって日本語運用能力を評価します。さらに面接と出願書類によって、主体性等も加味して多面的・総合的に評価・判定します。

(10)編入学試験・学士入学試験
個別学力検査によって、主に第3学年次に修学するために必要な知識・技能および思考力・判断力・表現力を評価します。さらに面接と出願書類によって、主体性等も加味して多面的・総合的に評価・判定します。

3.現代経済学科の教育を通じて養う能力

現代経済学科の入学者には、カリキュラム・ポリシーにもとづく教育課程を通じ、ディプロマ・ポリシーに定めるところの知識・技能、思考力・判断力・表現力、多様な人々と協創する姿勢を涵養し、「現代の経済社会を体系的に把握かつ科学的に分析する能力を有する人材」として養成します。

現代経済学科