1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 国際コミュニティ学部
  4. 地域行政学科

地域行政学科

地域の人や課題に触れ、解決に向けた実践を経験。

1年次からの自治体やNPOでの協働を通じて、多様な課題を抱える地域の持続的発展に向けた方策を学びます。

学びのポイント

  • 協働力を高める地域体験による課題発見
  • 政治・行政に関する豊富で体系的なカリキュラム
  • 課題解決に必要なコミュニケーション力の修得

学科の4年間

1年次

4学期制の学習サイクルで学習スキルを身につけ、学外学習に取り組む

集中的な学びで政治・行政などの基礎知識を獲得し、体験実践を通じて地域の実情・課題への理解・関心を広げます。

Pick up Study

政治の考え方

篠原 新 准教授

政治学の基本概念を実態と関連させ具体的に把握します。
権力と支配、リーダーシップ、社会契約、因果関係、政策決定過程といった政治学の概念を、政治の実態と結びつけながら考えていきます。

2年次

地域の諸問題に関心を持ち、政治・行政・政策・法律の専門領域を広く深く学び、継続して地域学習に取り組む

地域の諸問題への関心や将来像に応じて専門領域を中心として幅広い領域を学び、自分の知識を広め、深めていきます。

地域行政学科の学修

主専攻科目の関連性を意識し、共通教育科目とのバランスを考えて履修計画を立てます。

地域学習のすすめ

行政担当者や地域の人々と協働し、コミュニケーションを取りながら、地域の直面する問題、現状を理解し、解決のための取り組みを考えるなど、課題解決への意欲を育てます。

少人数クラスのすすめ

自分で調べたことを報告し、聞き手の理解を促す発表方法を考え、発表内容について質疑し議論することは、卒業後にも活かせるスキルです。

3年次

行政・政策などの知識・理解を広め深めつつ、地域課題に取り組みゼミで自分のテーマを研究する

より高度で発展的な・政治学・行政学・政策学・法律学の知識や思考力を身につけ、地域プロジェクトで地域課題にさらに取り組み、ゼミナールで興味のあるテーマについて追究していきます。

4年次

4年間の学びを集約する

地域学習で取り組み研究してきたテーマをまとめ、卒業研究や学部・大学院5年プログラムに挑戦します。

卒業後の進路を見据えて

4年次は、就職活動と並行して、学生生活最後の総まとめをする時期です。就職活動は3年次から始まります。卒業要件に十分注意しながら学修計画を熟慮して立てましょう。

学部・大学院5年プログラム

学部4年次に大学院法学研究科法律学専攻の授業科目を履修することができます。この制度で修得した単位は、進学後の大学院において認定されます。

卒業研究

大学時代の学修の総まとめとして、卒業研究に挑戦しましょう。取り組むテーマや論文完成に向けてゼミナールの教員が指導します。

年次配当科目

取得できる資格・免許状

ゼミナール紹介

Pick up Seminar

ゼミナール/伊藤 敏安 教授

学生の声
ー地域活性化のための具体的なヒントを探っています。ー
例えば、少子化を改善した自治体の取り組みを調べ、より有効な解決方法を模索するなどの研究を行っています。この知識は公務員として働く際にも活かせそうです。
植田 達也 4年
広島県立高陽高校出身

進路

 国際コミュニティ学部地域行政学科は2022年3月に第1期生が卒業します。