1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 国際コミュニティ学部
  4. 地域行政学科

地域行政学科

多様な人と協力し合いながら地域社会の発展に向けた課題解決力を磨く

将来、政治・行政への知識を土台に地域のニーズを政策に反映させ、地域と共に課題解決を図り、地域社会の発展に貢献できるよう、さまざまな人、地方自治体、NPOとの協働を通じて、多様な課題を抱える地域の持続的発展に向けた方策を学びます。1年次の夏休みから第3学期にかけて、地方自治体(広島県、広島市、広島広域都市圏の市町など)やNPOの施設などでの体験実践を通して地域課題に直に接し、座学とフィールドでの実習を連携した学びの起点とします。

学びのポイント

  • 協働力を高める地域体験による課題発見
  • 政治・行政に関する豊富で体系的なカリキュラム
  • 課題解決に必要なコミュニケーション力の修得

学科の4年間

年次配当科目

1年次

4学期制の学習サイクルで学習スキルを身につけ、学外学習に取り組む

集中的な学びで政治・行政などの基礎知識を獲得し、体験実践を通じて地域の実情・課題への理解・関心を広げます。

Pick up Study

自治体行政実務

広本 政幸 教授 他

多様な自治体の実務を理解し職務の共通性と違いを学ぶ
多様な地域の自治体職員を招き、行政実務の実情を学びます。自治体の規模などにより異なる職務の違いや共通性を意識しながら具体的な職務内容を知ることで、行政の役割や地域の課題への理解を深めます。

2年次

地域の諸問題に関心を持ち、政治・行政・政策・法律の専門領域を広く深く学び、継続して地域学習に取り組む

地域の諸問題を理解し対処するための多様な視点や方法を学び、地域課題の解決に必要な知識と能力を高めていきます。

地域学習のすすめ

行政担当者や地域の人々と協働し、コミュニケーションを取りながら、地域の直面する問題、現状を理解し、解決のための取り組みを考えるなど、課題解決への意欲を育てます。

3年次

行政・政策などの知識・理解を広め深めつつ、地域課題に取り組みゼミで自分のテーマを研究する

より高度で発展的な政治学・行政学・政策学・法律学の知識や思考力を身につけ、地域プロジェクトで地域課題にさらに取り組み、ゼミナールで興味のあるテーマについて追究していきます。

4年次

4年間の学びを集約する

大学時代の学修の総まとめとして、卒業研究に挑戦しましょう。取り組むテーマや論文完成に向けてゼミナールの教員が指導します。

ゼミナール

地域行政学科のゼミナール紹介はリンク先ページをご覧ください。
開講ゼミナールのうち、4ゼミナールを紹介しています。

特長的な学び

地域プロジェクトⅠ・Ⅱ

地域プロジェクトⅠ・Ⅱは、地域の将来像の実現や地域課題・社会課題の解決手法や行程を自ら立案し、実践・実装していく科目です。受講生は、これまで学修してきたことや現在ゼミナールa・bで学んでいること全てを活かして、実際に地域社会に足を運び挑戦します。また地域の方々・ステークホルダー・自治体とコミュニケーションを取り、協働することで、地域社会の進むべき方向性や地域課題・社会課題解決の糸口を見出していきます。地域や社会から求められるプロジェクトを立案・実践できるようになり、社会に出たときに必要とされる能力を身につけることができます。

取得できる資格・免許状

進路

2021年度 就職データ

※2022年5月1日現在

主な就職先
岩国市職員上級/エバルス/島根県職員(行政)/修道学園(広島修道大学)/周南市役所/周防大島町職員/西予市職員/日本通運/日本年金機構/光市職員/広島市職員Ⅰ種(行政)/福山市職員Ⅰ種

卒業生の声

西予市役所 就職

2022年3月卒業 藤田 勝則
愛媛県立松山中央高校出身

地域行政学科では4年間を通じて学外学習に取り組めます。自分の興 味ある地域問題に焦点を当て、実際に自分の足で確かめにいくことができ る機会は貴重です。私は地域の人々と交流し、地域のイベントなどに参加 させてもらい、そこで生じている問題の原因を突き止め、自分で解決策を考 えるという課題解決の一連の流れを経験しました。これにより専門的な政 治・行政の知識を得たことは大きな財産ですし、地域の人々と交流を重ね るごとに自身のコミュニケーション能力の成長も実感しました。