1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人間環境学部

人間環境学部 The Faculty of Human Environmental Studies

環境に関わる人文・社会・自然科学の幅広い分野を総合的に学びます。フィールドワークを豊富に経験し、課題解決能力・実践力を養成。理論と実践の学びを繰り返し、持続可能な社会の実現に寄与する環境人を育てます。

学部の特色

01

少人数教育

ゼミナール科目では、講義科目で得た知識を深化するとともに、一人ひとりの興味に応じたテーマを、真剣な討論を交えながら少人数で学びます。

02

フィールドワーク

フィールド科目では、複雑な要因が絡む環境問題について現場で学び、考え、行動する機会を設け、課題解決能力を養います。

03

学びを深めるコース

これからの「環境人」の活躍分野の専門知識を磨く2つのコース(環境マネジメント・環境教育)を設置しています。

学科の特徴

NEWS

いま、この学部で学ぶ意味とは?

学部長 中園 篤典 教授

課題解決の実践を通して
自分たちが実現したい社会のあり方を見つけよう

なぜ国連サミットで持続可能な開発目標(SDGs)が定められたのでしょうか。
それは環境の問題がかつてないほど深刻になり、全世界が力を合わせて解決に取り組むことが不可欠になっているからです。普段の生活では気づきにくいかもしれませんが、いま世界は持続可能な社会の実現に向けて着実に変化してきています。これは人類がこれまで経験したことのない大きなインパクトを伴う変化です。
人間環境学部はこうしたSDGsの影響の大きさを理解し、新しい社会の可能性を見つめ、人間と環境がどのように共生していくのか、多様な問題の解決に向けてアプローチしていきます。ときには身近な環境問題や地域課題について、実際に広島県内の企業や自治体と連携しながらフィールドワークを実施し、課題の解決や新たな価値の発掘をめざすこともあります。
このような実践的な学びは、皆さんが慣れ親しんできた授業とは異なる創造的なプロセスです。戸惑いもあるかもしれません。しかし、未来はそこから生まれていくのです。「正しい答え」のない未知の領域に立ち向かうスキルを本学部で身につけてください。

関連リンク