1. ホーム
  2. 学生生活・就職
  3. 奨学金・スカラシップ

奨学金・スカラシップ

各種奨学金について

学生生活には、その基盤となる経済的な安定が必要です。経済的な理由により、修学が困難な学生のために学資を援助するための奨学金の制度があり、本学では、独自の奨学金の他、日本学生支援機構(旧日本育英会)や、地方公共団体などの各種奨学金を取り扱っています。

奨学金制度(学部)

日本学生支援機構奨学金

給付奨学金/授業料等減免(修学支援新制度) 募集時期:4月・9月

給付奨学金
【月額】
自宅通学:( )内の金額は生活保護世帯等が対象
第1区分:38,300円(42,500円)※1
第2区分:25,600円(28,400円)
第3区分:12,800円(14,200円)

自宅外通学:
第1区分:75,800円※1
第2区分:50,600円
第3区分:25,300円

授業料減免額
【年額】
第1区分:700,000円※1
第2区分:466,700円
第3区分:233,400円
入学金減免額
【1年次生】
第1区分:220,000円※1
第2区分:146,700円
第3区分:73,400円
募集要件 住民税非課税世帯・準ずる世帯の学生で所定の学力基準を満たす者
※1 第1区分:本人と生計維持者の市町村民税所得割が非課税、第2区分:本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満、第3区分:本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満。

第一種(無利子貸与) 募集時期:4月

貸与金額
【月額】
自宅通学:2万円、3万円、4万円、54,000円
自宅外通学:2万円、3万円、4万円、5万円、64,000円の中から選択できる。ただし、最高月額〈自宅通学54,000円、自宅外通学64,000円〉は、併用貸与の基準を満たした者のみ選択できる。
募集要件 特に優れた学生で経済的理由により著しく修学困難な者

第二種(有利子貸与) 募集時期:4月

貸与金額
【月額】
2万円、3万円、4万円、5万円、6万円、7万円、8万円、9万円、10万円、11万円、12万円の中から選択できる。
募集要件 第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された者

本学独自奨学金

広島修道大学修学奨学金 募集時期:4月・9月

給付金額 年額20万円(在学中1回)
募集要件/人数 10名(前期5名、後期5名)。前期募集は前年度において、後期募集は前年度10月から当該年度9月において、家計が急変し極めて修学が困難な学生

広島修道大学同窓会奨学金 募集時期:6月

給付金額 年額20万円(在学中1回)
募集要件/人数 7名以内。修学意欲があるにもかかわらず、家計困窮により学業の継続が困難になった場合

広島修道大学経済支援奨学金 募集時期:9月

給付金額 年額20万円(在学中1回)
募集要件/人数 10名以内。修学の熱意があるにもかかわらず、経済的な事由により学業の継続が困難な学生

広島修道大学短期特別奨学金

貸与金額 授業料等諸納付金相当額
募集要件/人数 一時的に学費の支払いが困難な学生で2ヵ月以内に全額返済が可能な場合。貸与回数は3回まで

広島修道大学学習奨学金 募集時期:4月・9月

卒業時または離籍時に貸与金額を一括返済する制度です。その際、本学が提携している金融機関で有利子の学習奨学金ローンを利用できます。なお、在学中は無利子です。
貸与金額 月額5万円(全学年単年度採用)
募集要件/人数 学生センターにお問い合わせください

広島修道大学特別奨学金

貸与金額 授業料等諸納付金相当額
募集要件/人数
出願は随時。家計支持者の死亡・疾病等、または、災害のため家計が急変し、学業継続が困難となった場合

奨学金制度(学部・大学院)

本学独自奨学金

広島修道大学留学生教職員給付奨学金 募集時期:4月

給付金額 月額3万円
募集要件/人数 大学院または学部生若干名(外国人留学生)

アーネスト奨学金 募集時期:4月

給付金額 月額3万円
募集要件/人数
大学院または学部生1名(外国人留学生)

奨学金制度(大学院)

日本学生支援機構奨学金

第一種(無利子貸与)募集時期:4月

貸与金額 修士・博士前期課程:月額5万円または88,000円
博士後期課程:月額8万円または122,000円
募集要件/人数 若干名

第二種(有利子貸与)募集時期:4月

貸与金額 希望する奨学金の月額を5万円、8万円、10万円、13万円、15万円の中から選択できる
募集要件/人数 若干名

本学独自奨学金

広島修道大学大学院学習奨学金 募集時期:4月・9月

卒業時または離籍時に貸与金額を一括返済する制度です。その際、本学が提携している金融機関で有利子の学習奨学金ローンを利用できます。なお、在学中は無利子です。
貸与金額
修士・博士前期課程:月額55,000円
博士後期課程:月額7万円
募集要件/人数 学生センターにお問い合わせください

上領英之奨学金 募集時期:4月上旬

給付金額 年額20万円
募集要件/人数 本学大学院博士後期課程に入学 する外国人留学生全員

スカラシップ制度

優秀な活動を修めた学生に対して一定の奨学金を給付する制度です。「在学生スカラシップ」は学業成績が優秀な学生に対して奨学金を給付する制度です。また、文化・体育などの活動実績やとくに難易度の高い資格を取得した学生を対象にした「課外活動スカラシップ」や「資格取得スカラシップ」、海外協定校への留学や認定留学を支援する「国際交流スカラシップ」もあります。奨学金はすべて給付(返済不要です)。

広島修道大学在学生スカラシップ 募集期間:申込不要

給付金額 【年額】15万円
要件
前年度の学業成績が優秀な者
  • 2020年度採用人数:170名
  • 他の奨学金との併用可能

広島修道大学課外活動スカラシップ 募集期間:12月上旬

給付金額
【年額】
団体:30万円
個人:10万円
要件
本学学部に在学する正規学生で、その学業、人物ともに優れており、特に文化活動、体育活動その他の課外活動又は、これに類する活動において顕著な実績をあげた者で、当該年度に学長賞を受賞している者または団体。
・他の奨学金との併用可能

資格取得スカラシップ 募集期間:10月下旬~1月下旬

給付金額
最優秀賞:5万円
優秀賞:3万円
要件  本学学部に在学する正規学生で、とくに難易度の高い資格取得者
・他の奨学金との併用可能
※上記の応募資格を満たしていても奨学生に採用されない場合があります。
問い合わせ先:キャリアセンター

国際交流スカラシップ

海外セミナー派遣学生
3ヵ月未満:アジア地域5万円、欧米・オセアニア地域10万円人数制限があります。
3ヵ月以上:期間に応じて月額3万円
認定留学生 3ヵ月以上:期間に応じて月額3万円 
派遣交換留学生
6ヵ月未満:10万円
6ヵ月以上:20万円
※他の奨学金との併用可能です。
問い合わせ先:国際センター

外国人留学生諸納付金減免制度

私費外国人留学生の経済的負担を軽減するため、成績優秀であって経済的に修学が困難と認められる者に対し諸納付金の減免制度を実施しています。
詳細は、以下のリンク先をご覧ください。

入学予定者の奨学金について

1. 日本学生支援機構奨学金採用候補者の進学届の提出について

高校生のときに日本学生支援機構奨学金に申込みをして、採用候補者として決定している学生を予約奨学生といいます。
 
予約奨学生は、入学後、インターネットで「進学届」を提出(入力)する必要があります。
予約奨学生を対象に、以下日程で『進学届提出説明会』を開催しますので必ず本人が出席してください。
『進学届提出説明会』では、「進学届」を提出する際に必要な「ID」及び「パスワード」等を、「採用候補者決定通知」等と引き換えに配付しますので、下記に記載の持参物を忘れずに持ってきてください。
 
※進学届を提出しないと奨学生として採用されません。奨学金がもう必要ない場合はご承知おきください。
 
日程:4月2日(金)
・9時~10時(終了予定)
 法学部・健康科学部…3101教室 人文学部・・・3201教室
・16時30分~17時30分(終了予定)
 商学部・人間環境学部・・・3101教室 経済科学部・国際コミュニティ学部…3201教室
 
<持参物>
①~②は全員
①「令和3年度大学等奨学生採用候補者決定通知」
②「令和3年度大学等奨学生採用候補者の皆さんへ」採用候補者のしおり
 
③~④は該当者のみ
*入学時特別増額貸与奨学金の採用候補者のうち、「申告書」の提出が必要な方
「令和3年度大学等奨学生採用候補者決定通知」の「入学時特別増額貸与奨学金(有利子)の列に、「日本政策金融公庫の「国の教育ローン」の申込:必要」と記載がある方
③「入学時特別増額貸与奨学金に係る申告書」
④「融資できないことが記載された日本政策金融公庫からの通知文」のコピー
(圧着はがきの場合は、申込者氏名が印字されている宛名面のコピーも提出します。)
ただし、入学時特別増額貸与奨学金を辞退する場合は、上記③~④の提出は不要です。
 
<進学届入力後に学生センターへ提出>
⑤~⑥は該当者のみ
*給付奨学金の採用候補者で、自宅外通学を選択する人
⑤通学形態変更届(自宅外)兼自宅外証明書送付状(給付様式35)
⑥自宅外通学であることの証明書(アパートの賃貸借契約書のコピー等実家以外の場所に家賃を払って居住していることの証明書類)
 
※貸与種別(一種、二種)を変更したい方、あるいは、予約していなかった種別の奨学金を追加で申込したい方は、学生センター(本館2階)へ応募書類を取りに来てください。どうしてもこれが不可能な場合は下記「2.日本学生支援機構奨学金等新規応募について」で応募書類の請求をしてください。

様式

2. 日本学生支援機構奨学金等新規応募について

入学後に、日本学生支援機構奨学金<給付/授業料等減免・貸与>に応募したい場合は、「情報センターから交付されるalphaアカウント」で、以下の「日本学生支援機構奨学金応募資料請求フォーム」にログインして、応募資料を請求してください。
※alphaアカウントは3月26日(金)のガイダンスで交付します。
 
【応募受付開始日】4月5日(月)
【応募受付締切日】4月21日(水)16時
 
対象:次の①~③のいずれかの方
①高校で奨学金の予約申し込みをしておらず入学後に新規に申し込みたい方
②貸与種別(一種・二種)を変更したい方
③予約していなかった種別の奨学金を入学後に追加(貸与、給付/授業料等減免)申込したい方
               
詳細は、学生センターまでお問い合せください。<電話番号(082)830-1117直通>

関連リンク

その他奨学金

大学を通じて申請するものと、各自で申請するものがあります。奨学金制度の詳細については、各地域の教育委員会等へお問い合わせください。各自で申請を行い奨学生に採用された場合は、学生センターまでご連絡ください。

教育ローン

奨学金申請・届出書式ダウンロード

日本学生支援機構給付奨学金(高等教育の修学支援新制度)関係書類

高等教育の修学支援新制度(給付奨学金等)に関する書類はこちらからダウンロードしてください。

【大学生等対象】給付奨学金奨学生の採否等に関するQ&A(日本学生支援機構作成)

【大学生等対象】給付奨学金奨学生の適格認定(家計)の支援区分に関するQ&A(日本学生支援機構作成)

毎年10月に、学生本人及び生計維持者の前年1月1日~12月31日の1年間の収入について、独立行政法人日本学生支援機構はマイナンバーを利用して家計審査(適格認定【家計】)を実施します。 適格認定【家計】の結果、今年10月から翌年9月までの支援区分が変更となった場合、その理由などについてQ&A方式で説明しています。

ご自身で具体的に収入基準について確認したい場合(日本学生支援機構作成)

適格認定【家計】の結果に不服な場合などで、ご自身で具体的に収入基準について確認したいときは、こちらをご覧ください。

【以下、日本学生支援機構ホームページより抜粋】
給付奨学金の家計基準の判定では、給付奨学生、生計維持者の方全員の住民税の情報を利用しています。
機構は、市区町村が決定した住民税の情報を取得し、支給額算定基準額を計算することで家計基準の判定を行っています。
ただし、住民税の情報は、課税証明書を取得いただいたり、マイナポータルによる情報開示をご利用いただかなければご確認いただくことが難しいため、簡易的に確認されたい場合には、まずは「進学資金シミュレーター」をご利用いただき、それによって算出した支給額算定基準額をご確認ください。
より具体的に確認されたい場合は、「支給額算定基準額の計算手順」によりご確認ください。
また、「支給額算定基準額判定ツール」に入力いただくことで、機構と同様の手順により支給額算定基準額が計算され、支援区分が表示されます。
 
※「支援額算定基準額判定ツール」をご利用いただくには、給付奨学生本人と生計維持者の住民税に関する詳細な情報が必要です。
 
※入力にあたっては、市町村民税を納税している自治体で発行される2020年度(令和2年度)課税証明書に記載されている数値を入力ください(実態の人数等ではなく課税証明書の記載のとおりに入力ください)。

支給額算定基準額判定ツール(日本学生支援機構作成)

支援区分を算定する基準について、基準額を試算することができます。

日本学生支援機構貸与奨学金(第一種、第二種)関係書類

貸与奨学金に関する書類はこちらからダウンロードしてください。

返還誓約書に関する書類

貸与中の届出(異動)に関する書類

貸与終了後の返還期限猶予願「在学猶予」について

奨学金の貸与が終了した(終了する)皆さんへ

貸与終了時や返還中の手続きについて説明しています。

(動画)日本学生支援機構作成

日本学生支援機構奨学金を申し込む際、また奨学生として採用された際に必要な書類や手続きについて説明しています。

採用時説明会資料

日本学生支援機構貸与奨学金月額変更願(届)

よくある質問

問い合わせ先

広島修道大学

〒731-3195 広島県広島市安佐南区大塚東1-1-1

学生センター
TEL:082-830-1117
国際センター(外国人留学生)
TEL:082-830-1103