1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 健康科学部

健康科学部 The Faculty of Health Sciences

乳幼児から高齢者までのあらゆる人々の「こころ」と「からだ」の健康に関して、科学的エビデンスに基づく教育と研究を実施。 健康の専門家として、地域の人々の健康の回復・保持・増進を支援する実践力を培います。

学部の特色

01

こころとからだの両面から健康を支援

「こころ」と「からだ」の両面から健康を学修。食と栄養を学んだ公認心理師や臨床心理士、カウンセリング・マインドを持った管理栄養士を養成します。

02

専門家として地域に貢献

他の専門家と協働しながら乳幼児から高齢者までの健康の回復・保持・増進を支え、健康寿命を延ばすことができる人材を育てます。

03

科学的アプローチによる探究

「こころ」と「からだ」の働きを科学的に分析する技能と、分析から得られた結果に基づいて客観的・論理的に思考する能力を培います。

学科の特徴

いま、この学部で学ぶ意味とは?

個性×健康科学部

学部長 増田 尚史 教授

心と体の両面を見つめ、その人にとっての「健康」を考えられる人になろう。

健康でありたいと願うのは、万人共通でしょう。
ところが、自分が健康だと感じる状態は人それぞれです。
また健康になるための方法も人によって違います。
例えば、多忙であることにストレスを感じる人もいれば、充実感を感じてさらに忙しさを求める人もいます。
極端に言えば、慢性的な疾患にかかっている人であっても日々の生活を幸せに感じているなら、“健康的”かもしれません。
ひと昔前までは、“病気でない=健康”とされていましたが、いまでは医学的な側面だけから健康を考えることはできません。
本学部では「健康」が人それぞれであるからこそ「科学」という道具を使って、心と体の両面から考えていきます。
人生100 年時代と言われる現代に、一人ひとりが一生を幸せに生きる方法を一緒に探っていきましょう。

関連リンク