1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 商学部
  4. 商学科

商学科

幅広い業界を学んだ上で、現場で役立つ専門を究める。

1年次に商学の基礎を学んだあと、2年次以降に「流通・マーケティングコース」、「地域・観光コース」、「金融ビジネスコース」、「国際ビジネスコース」の4コースを用意。ゼミ活動の中で実践に取り組み、学んだ知識を活かしながら、社会で役立つ専門性はもちろん、知識や経験、行動力も伸ばしていきます。

学びのポイント

  • 将来を見据えて選べる4コース制
  • ビジネスに直結する実践力が身につく
  • 金融のエキスパートをめざせる特別プログラム

学科の4年間

1年次

商学の本質から、基礎を理解

「取引」という人の行動から、カネやモノの流れの全体像を把握していきます。

社会科学から商学を学ぶ

社会における個人や企業のミクロ的活動やモノやカネのマクロ的な動きについて実態をふまえた理論や制度を学ぶ上で、必要な知識や技術を身につけます。

Pick up Study

商学概論

柏木 信一 教授

取引の全体構造、実践のための心構え。
商学科の全専門科目の共通項は「取引」です。商学概論では①取引の経済的・法的な意味、②他の社会科学との関連性と相違点、③取引相手に対する配慮の重要性を提示し、学びと実践につなげます。

2年次

コースを選び、専門の学びを開始

下の4つからコースを選び、自分の専門性を培っていきます。

流通・マーケティングコース

物やサービスの提供者とそれを求める人が出会う場である「市場」を生む方法を、理論と実践から学びます。

地域・観光コース

地域課題の調査・分析手法や観光について学び、地域・観光振興を実現するための力を身につけます。

金融ビジネスコース

国内外の金融を深く追究しながら、金融に関わる高度な専門知識を理論と実務の両面から学修します。

国際ビジネスコース

世界をめざす企業での活躍を見据え、国際舞台で活躍できる深い専門知識と豊かな国際感覚を養います。

3年次

ゼミで自分のテーマを追求

2年次からのテーマを、実践を交えながらさらに深掘りしていきます。

4年次

4年間の学びを集約

自分が興味のあるテーマを詳しく調べ、卒業研究・卒業論文としてまとめ上げます。

年次配当科目

取得できる資格・免許状

ゼミナール紹介

Pick up Seminar

ゼミナール/矢野 泉 教授

学生の声
ー食品が私たちの手元に届くまでの過程の問題を追求。ー
このゼミでは食品流通のマーケティングを学習。卸売市場に早朝から競りを見学に行くなど、実際の流通現場を理解しつつ、その過程で起こる問題点を議論しています。
大瀬戸 理沙
広島県立高陽高校出身

その他のゼミナール

消費生活論/柏木信一
地域産業論/川瀬正樹
マーケティングリサーチ/川原直毅
金融システム論/グェン・ドゥック・ラップ
アジア経済論/新本寛之
観光論/富川久美子
証券市場論/仲村靖

進路

地域経済の活性化に貢献

多様な進路の中から、興味のある業界を選ぶことができます。

就職データ

主な就職先
オタフクソース(株) /(株)ドコモCS中国 /中国労働金庫 /(株)中電工 /テンパール工業(株) /東京海上日動火災保険(株) /日本電気(株)(NEC) /(株)広島銀行 /広島県信用組合 /広島市信用組合 /広島信用金庫 /マツダクレジット(株)

卒業生の声

三浦工業株式会社 就職

2021年3月卒業 大脇 拓也
愛媛県立松山商業高校出身

商学部の学びでいちばん楽しかったのは、自分たちのアイデアを世の中にアウトプットできたことです。私はマーケティング・リサーチや商品開発のゼミに所属し、学外での市場調査や企業との商品共同開発を行いました。商品化にこぎつけるまで、チームで試作や話し合いを何度も繰り返し苦労しましたが、みんなで考えた商品が販売されているのを見たときは本当にうれしかったです。卒業後も、人々から求められるものを世の中に出せるよう、ゼミでの経験を活かしていきます。