1. ホーム
  2. 健康科学部
  3. 健康栄養学科学生が藤三・日本食研と唐揚げを商品開発・発売

健康栄養学科学生が藤三・日本食研と唐揚げを商品開発・発売

健康栄養学科の学生が広島県産レモンを使用して考案

健康科学部健康栄養学科の有志学生と株式会社藤三、日本食研株式会社が「広島を元気に」をテーマに広島県産レモンを使用した唐揚げを共同開発しました。開発した唐揚げは期間限定で藤三並びにビッグハウス全店舗にて発売中です。

健康栄養学科と株式会社藤三は、昨年度より商品の共同開発を行っています。本学学生が商品アイデアを出し、日本食研株式会社から開発のアドバイス等をいただき、株式会社藤三が製造するという開発工程を繰り返し、この度商品化しました。唐揚げの商品シールには、本学学生が描いたイラストが使用されています。

開発した唐揚げは、今後からあげグランプリ(日本唐揚協会主催)にエントリーします。

詳細は以下の通りです。

研究者 :健康科学部健康栄養学科 木本晶子助教 
開発学生:健康科学部健康栄養学科 有志学生
開発時期:2022年4月~7月
開発商品:レモカラ!~広島レモンを丸ごと入れちゃいました~
販売価格:238円(税込)※100g当り
発売期間:2022年7月20日~(1ヵ月程度期間限定発売)

開発コメント

レモカラ!~広島レモンを丸ごと入れちゃいました~は「広島といえばレモン」という理由でご提案しました。一般的な食べ方として唐揚げにレモンを絞って食べる食べ方はありますが、ありそうでなかったレモン風味の唐揚げを開発しました。レモン特有の苦みを演出するために、果汁だけでなく皮まで使用しているのがポイントです。にんにく醤油ベースの味付けとレモンの組み合わせは、ごはんにもおつまみにもどちらとも相性がよく、暑い夏にぴったりの爽やかさが自慢です。

商品シール イラストデザイン学生コメント

鉄穴森さんが描いたイラストを使用した商品シール

 健康栄養学科3年 鉄穴森 翼さん

商品名をわかりやすく、そしてイラストは、出来るだけデフォルメして、可愛く仕上げることにこだわりました。
唐揚げのイラストといえば?と考えデザインし、「リアルすぎないこと」、「唐揚げをイメージした鶏のキャラクターは多数存在するので、類似のキャラクターにならないようにすること」を意識しました。
笑顔が可愛いキャラクターができたと思います。



商品開発の様子

商品開発の様子

商品開発の様子

商品開発の様子

藤三 売り場の様子

レモカラ~広島レモンを丸ごと入れちゃいました~

参考

本共同開発は、株式会社藤三より本学の「ひろみらシンクタンク」※へ「食を通じた広島の活性化」や「新しい発想力による商品開発のアドバイス」について依頼を受け、行っています。2021年度はおむすびを共同開発し、「お弁当・お惣菜大賞2022」(デリカテッセン・トレードショー主催者企画)に入選しました。
※ひろみらシンクタンク・・・本学教員が有する教育研究に関するシーズを、地域社会の様々なニーズにマッチングさせるための仕組み。 

関連リンク