1. ホーム
  2. 健康科学部
  3. 「ラブべジ® レシピブック」に本学学生考案レシピが掲載されました

「ラブべジ® レシピブック」に本学学生考案レシピが掲載されました

 野菜摂取量増加をめざして広島県と味の素株式会社が作成した「ラブべジ® レシピブック」に本学学生考案レシピが掲載されました。

 掲載された「小松菜の塩焼きそば」は、健康科学部健康栄養学科の学生が、「ひろしま地域食材PR促進事業」の一環として広島県産の小松菜を使用して開発したレシピです。

 「ラブべジ® レシピブック」は(株)イズミ ゆめタウン、ゆめマート、ゆめタウンなど広島県内店舗(29 店舗)で配布しています。

また、本ニュースにPDFも掲載しているので、ぜひご覧ください。

ラブべジ®とは

 「野菜をもっととろうよ!」をスローガンに,厚生労働省健康日本21が推進する「野菜の摂取目標1日 350g以上」の実践を応援する味の素(株)の取組。全国で展開中。

ひろしま地域食材PR促進事業とは

 ひろしま地産地消推進協議会が行う事業。管理栄養士、栄養士、調理師等を目指す大学生等が県産農林水産物の食材としての価値を高め、県民に広くPRすることにより地産地消の推進を図る。

リンク