"目指す教師像"を実現するために

生徒の成長のために、共に学び続ける先生

生徒の成長のために、共に学び続ける先生

本校の教育目標であるグローカル・イノベーション・リーダーの育成に向けた「探究型学力」「協創する力」「社会参画する力」「自己実現する力」という4つの力を育てるためには、質の高い学校教育を実現することが求められます。この実現に向けて、教職員一人ひとりの能力と意欲の向上を図り学校の教育力を高める人材を育成するための取り組みの一つとして、定期的に教職員研修会を実施しています。

2021年度 第9回教職員研修会を行いました

 探究の授業において身につける資質・能力 

2022.01.19

 ルーブリック 
今回は、コアネット教育総合研究所の松原和之所長を講師として「協創ルーブリック(学校ルーブリック)の活用に向けて」をテーマに、講義・ワークショップ形式にて、探究の授業において身につける資質・能力を確認し、ルーブリック目標一覧表を作成しました。詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

2021年度公開研究授業「4つの力×ルーブリック」を実施しました

 より良い授業に向けてのスタートライン 

2021.11.26

 公開研究授業 
本校を会場として公開研究授業「4つの力×ルーブリック」(「4つの力」を詳細化した評価項目を設定し作成された「ルーブリック」を意識した授業)を実施しました。本来であれば他の中学校・高校にも実施をお知らせして参加を募る予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大を防止することから、今年度は指導・助言をしていただく大学の先生方を除き原則校内の先生だけでの実施となりました。詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

車の両輪として(職員ミーティング開催)

 事務職員を対象とした「キャリアアップ・システム」の検討 

2021.11.22

 人事評価 
事務職員を対象とした「キャリアアップ・システム」の検討を開始しました。真に組織としての教育力を最大限にするためには、教員のみならず、本校で働く事務職員も学校経営目標達成に向けて、教員とともに車の両輪として、持てる能力を最大限発揮することが必要です。 詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

2021年度 第8回教職員研修会を行いました

 学校行事において身につける資質・能力 

2021.11.17

 ルーブリック 
第8回教職員研修会が実施されました。今回は、コアネット教育総合研究所の松原和之所長を講師として「協創ルーブリック(学校ルーブリック)の活用に向けて」をテーマに、講義・ワークショップ形式にて、学校行事において身につける資質・能力を確認し、ルーブリック目標一覧表を作成しました。詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

「4つの力」を育てるための 「協創ルーブリック」を作成しました

 グローカル・イノベーション・リーダーの育成に向けて 

2021.11.01
 ルーブリック 
2021年4月の教員研修会から取り組んできた協創ルーブリックが完成しました。詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

授業観察およびふりかえりの実施

 学習指導要領の改訂とそれに伴う学校評価について 

2021.10.29

 授業観察 
本校では校内研修の一つとして、学校全体で取り組む授業改善を実施しています。本日は、英語、社会、理科、数学、探究の5科の教員を対象に授業観察およびふりかえりを実施しました。詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

2021年度 第7回教職員研修会を行いました

 学習指導要領の改訂とそれに伴う学校評価について 

2021.10.20

 ルーブリック 
第7回教職員研修会が実施されました。今回は、コアネット教育総合研究所の松原和之所長を講師として「協創ルーブリックの活用に向けて」をテーマに評価についての講義・ワークショップを実施しました。学習指導要領の改訂とそれに伴う学校評価について、さらにルーブリックをどのように観点別評価へ応用していくかについて講義されました。詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

組織として教育力を最大化するために(「キャリアアップ・システム」説明会)

 教員一人一人の道しるべ 

2021.10.14

 人事評価 
「学校改革」の6つの柱の一つである「キャリアアップ・システム」(人事評価制度)の説明会が、10月13日に行われました。詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

2021年度 第6回教職員研修会を行いました

 「評価対象分野・評価項目」について 

2021.09.27

 ルーブリック 
第6回教職員研修会が実施されました。今回は、コアネット教育総合研究所の松原和之所長を講師として「協創ルーブリック(学校ルーブリック)の活用に向けて」をテーマに、授業におけるパフォーマンス評価について講義・ワークショップ形式にて実施しました。詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

組織として教育力を最大化するために(第10回ミーティング開催)

2021.09.16

 システムの完成 
 人事評価 
本校の「教員成長支援システム(仮)」(人事評価制度)を検討する第10回ミーティングが開催されました。最終的な調整をして、システムは完成です。 詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

2021年度 第5回教職員研修会を行いました

 ルーブリックの完成度を上げる 

2021.09.15

 ルーブリック 
第5回教職員研修会が実施されました。今回は、コアネット教育総合研究所の松原和之所長を講師として「ルーブリックの完成度を上げる」をテーマに、「協創ルーブリック(学校ルーブリック)」と「教科ルーブリック」の共有と確認を講義・ワークショップ形式にて実施しました。詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

組織として教育力を最大化するために(第9回ミーティング開催)

 「評価対象分野・評価項目」について 

2021.09.02

 人事評価 
本校の「教員成長支援システム(仮)」(人事評価制度)を検討する第9回ミーティングが開催されました。今回は、「評価対象分野・評価項目」についてたたき台を元に協議しました。 詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

組織として教育力を最大化するために(第8回ミーティング開催)

 職や職責に応じた教員の「期待・役割」の完成 

2021.08.19

 人事評価 
本校の「教員成長支援システム(仮)」(人事評価制度)を検討する第8回ミーティングが開催されました。 今回は、本校の役職や職責に応じた教員の「期待・役割」を最終的に確認し、完成させることができました。 詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

組織として教育力を最大化するために(第7回ミーティング開催)

 職や職責に応じた教員の「期待・役割」の最終案 

2021.08.05

 人事評価 
本校の「教員成長支援システム(仮)」(人事評価制度)を検討する第7回ミーティングが開催されました。 今回は、7月15日に協議した役職や職責に応じた教員の「期待・役割」の最終案について説明があり、次回までに完成させることとしました。詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

組織として教育力を最大化するために

 本校の目指す教師像~役職や職責に応じた教員の「期待・役割」 

2021.07.13

 人事評価 
本校では、今年度から開始した学校改革の一環として「適正な評価に基づき教職員の成長を加速し、組織として教育力を最大化する」ことを目的とした人事評価制度導入の準備を進めています。今年10月からの試行開始に向け、校内に設けたプロジェクト検討会において評価制度の制度設計を行っています。詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

授業力を高めるための校内研修

 授業力を高めるための校内研修 

2021.07.13

 授業観察 
本校では校内研修の一つとして、学校全体で取り組む授業改善を実施しています。7月13日に県立広島大学の門戸千幸教授を招き、定期的な授業観察およびふりかえりを実施しています。詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

2021年度 第4回教職員研修会

 教科として育てたい力を考える 

2021.07.02

 ルーブリック 
第4回教職員研修会が実施されました。今回は、コアネット教育総合研究所の松原和之所長を講師として前回に引き続き「教科として育てたい力を考える」をテーマに教科ルーブリックの作成についての講義・ワークショップを実施しました。詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

2021年度 第3回教職員研修会

 教科として育てたい力を考える 

2021.06.19

 ルーブリック 
第3回教職員研修会が実施されました。今回は、コアネット教育総合研究所の松原和之所長を講師として「教科として育てたい力を考える」をテーマに教科ルーブリックの作成についての講義・ワークショップを実施しました。詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。

2021年度 第1回教職員研修会

 令和の時代に求められる授業について 

2021.04.21

 ルーブリック 
第1回教職員研修会が実施されました。年間研修計画の説明の後に、県立広島大学の門戸千幸教授より「令和の時代に求められる授業について」というテーマで、教科指導(求められる授業を創るためのポイント)に関する研修に取り組みました。詳しくはボタンをクリックしてご覧ください。