[高校]卒業生からのメッセージ

諦めず頑張れば夢はかなう!

小林 咲さん

広島大学 医学部 保健学科 作業療法学専攻
小林 咲さん
私は、高三の春から受験勉強を始めました。夏までは国・数・英の三教科を重点的に勉強し、夏以降からは演習を繰り返し、理科と社会の勉強にとりかかりました。また、間違えた所は小さいメモ帳などに書き、いつでも見れるように持ち歩いていました。共通テスト直前は、本番の時間に合わせて予想問題などを解き、一番点数の伸びる可能性がある社会を主に勉強しました。二次試験は、過去問を10年分以上は解きました。
学校の先生方にも本当にお世話になりました。質問をしたら、分かるまで丁寧に教えてくださり助かりました。
最後に、受験生は直前まで本当に伸びます。後輩のみなさんも志望校に向けて諦めず頑張ってください!

他のだれでもない自分のために

烏山 栞さん

高知大学 理工学部 数学物理学科
烏山 栞さん
私が、勉強をする際に気をつけたことは、ざっくりでいいのでスケジュールを立てること、学習時間より何を学べたかを大切にすること、そして、間違えた問題は必ず複数回反復学習をすることです。時間を決めず、ダラダラと学習してしまいがちですが、スケジュールを立てて勉強をした方がメリハリがついて、結果的に効率も良くなると思います。受験期になると、周りの子と自分を比べて悲観的になってしまうこともあると思いますが、比べるなら過去の自分と比べるようにして、他の誰でもない自分のために頑張って下さい。

大切な仲間と共に過ごした高校生活が今の活力に

南里 真帆さん

奈良県立大学 地域創造学部(一般中期)
南里 真帆さん
私の志望校の入試科目は私が苦手な小論文でした。志望校を決めたのもギリギリだったので準備が間に合わないかと思ったのですが、先生方が熱心に勉強に付き合ってくださったおかげで合格することが出来ました。また、クラスもとても仲がよく、勉強を教えあったりするなど一緒に頑張れる雰囲気があったので最後まで頑張ることが出来ました。大切な仲間と共に過ごした高校生活が今の活力になっています。

丁寧な指導のおかげで、理解を深めることができました。

武谷 小春さん

弘前大学 農学生命科学部 食料資源学科
武谷 小春さん
私が本格的に受験勉強を始めたのは、高校三年生の春からです。学校では疑問点をなるべく減らすように、分からないことは何でも先生に聞いて解決するようにしました。そこで丁寧な指導を頂き、理解を深めることができたことが、その後の学習に良い影響を与えたように思います。鈴峯での生活は、高めあえる友人と親身になって指導して頂いた先生方のおかげで忘れられないものとなりました。本当に感謝しています。

素晴らしい高校3年間を過ごし“夢”を見つけることができました。

吉川 若奈さん

広島修道大学 法学部 国際政治学科
吉川 若奈さん
茶道部での活動から、“一服の茶”を通じて世界平和に貢献できると知ったのが、広島修道大学で国際政治学を学ぶきっかけになりました。思えば修大鈴峯に入学し、茶道部に入ったことで多くの人と出会い、“夢”を見つけることができました。学業をふくめ、かけがえのない経験ができる修大鈴峯で、皆さんも素晴らしい高校生活を過ごしてください。 

ニュースで紹介した活躍する先輩からのメッセージ