総合型選抜

入試制度の特徴

広島修道大学入学を第一志望とする専願入試

広島修道大学で学びたいという意志を強く持つことが大切です。
合格した場合には入学する意志を明確に持っていることが出願条件になります。
2つ以上の学部・学科・専攻・方式は併願できません。

自己推薦で自分の能力・特技をアピール

自己推薦で受験できる入試制度です(学校長の推薦は必要ありませんが、調査書は必要です)。
出願資格や選抜方法は学部・学科によって異なりますのでよく確認してください。

合格者には本学独自の入学準備学習プログラムを用意

大学生活へのスムーズなスタートを目的として、独自の入学準備学習プログラムを用意。
合格後、入学までに行う学習で、「キャンパス学習」と「通信課題学習」で構成されています。

入試日程

出願期間

インターネット出願受付

2021年10月1日(金)~10月8日(金)
※出願初日のみ8:45〜受付開始

  1. シューダイレクトで出願登録する(最終日の登録締切時間は15:00
  2. 入学検定料を納入する(最終日の入学検定料入金締切時間は16:00
  3. 出願書類を郵送する:出願書類は入学検定料の入金後、速達・簡易書留で早急に郵送してください。(締切日消印有効)

※いったん提出された書類および納入された入学検定料は、返還しませんので、出願にあたってはよく確認して手続きしてください。
※出願書類の送付は郵送に限ります(締切日消印有効)。
※出願書類に不備がある場合は、受け付けないことがありますので注意してください。

試験日

商学部/経済科学部/人間環境学部

2021年10月23日(土)

人文学部/法学部/健康科学部/国際コミュニティ学部

2021年10月24日(日)

※人文学部 教育学科は実施しません。

合格発表

2021年11月1日(月)10:00(予定)

入学手続

一括手続または分割手続のいずれかを選択してください。

一括手続

2021年11月2日(火)~11月12日(金)締切日消印有効

分割手続

《第1次入学手続》
2021年11月2日(火)~11月12日(金)締切日消印有効
《第2次入学手続》
2022年2月25日(金)~3月4日(金)締切日消印有効

※一括手続、分割手続ともに、2022年2月25日(金)~3月16日(水)の期間内に卒業証明書(原本)または高等学校卒業程度認定試験合格証明書(原本)を必ず郵送してください(既卒者は不要、締切日消印有効)。
※入学手続期間内に入学手続を完了しない場合は、いかなる理由があろうとも入学を許可しません。
※入学手続完了後、高等学校等の課程を卒業(修了)しないなどの事由が生じた場合は、入学を取り消します。

出願資格

次のすべてに該当する者

  1. 本学への入学を強く希望し、合格した場合には入学する意志を明確にもつ者
  2. 各学部学科専攻の出願資格をすべて満たす者

出願書類

出願書類(見本)

※実際の出願書類は、入学検定料の支払後に出願ページの「印刷・確認」画面から印刷してください。
このページで掲載している書類は見本ですので、郵送されても受け付けません。ご注意ください。

経済科学部

国際コミュニティ学部

試験内容

総合型選抜・学校推薦型選抜(公募)の課題・テーマ

試験地

広島(本学)

選抜方法

学部・学科により異なります。詳細は「試験内容」で確認してください。

入学検定料

30,000円

合格発表

2021年11月1日(月)10:00(予定)
  1. 合格者には、「合格通知書」と「入学手続書類」を速達で郵送します。
    なお、「合格通知書」等は、11月1日(月)に発送しますが、郵便事情により遅れる場合があります。以下2.で合格を確認したうえで、11月5日(金)を過ぎても届かない場合は入学センターへ問い合わせてください。
  2. 合否確認の補助手段について
    インターネットによる合否照会システムにより合否結果を確認することができます。

※本学への電話等の問い合わせには、いかなる理由があろうとも一切応じられません。

受験生氏名等の漢字表記について

本学では、入学試験に際して発行する受験票・合格通知書類の漢字氏名等の表記方法について、基準を設けております。その結果、本来の漢字氏名等とは異なる表記となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

障がいなどのある志願者の配慮について

病気・負傷や障がい等のために、受験上の配慮および入学後の支援を希望する場合、出願に先立ち2021年9月17日(金)までに本学入学センターに問い合わせてください。

感染症(インフルエンザなど)について

試験日当日に感染症(インフルエンザやはしかなど)にかかっている場合は受験できません。
詳細は「受験上の注意」を確認してください。

入学試験要項PDF

出身学校の調査書について

出身学校の調査書は以下の項目をご確認の上、出願前3カ月以内に発行されたものをご提出ください。
 
  1. 高等学校、中等教育学校後期課程、高等専門学校または通常の課程による12年の学校教育課程在学中の者は、第3学年第1学期までの成績が記入されたもので、学校長が証明し、厳封したものを提出してください。
  2. 高等学校、中等教育学校後期課程、高等専門学校または通常の課程による12年の学校教育課程を卒業(修了)した者は、すべての成績が記入されたもので、出身学校長が証明し、厳封したものを提出してください。
  3. 高等学校卒業程度認定試験合格者または合格見込みの者は、「合格(成績)証明書」または「合格見込(成績)証明書」を提出してください。


※上記3.については、人文学部(人間関係学科 社会学専攻、英語英文学科)、法学部(ゼミナール方式)、健康科学部、国際コミュニティ学部のみ。
※出身学校調査書の保存期間が経過した場合および廃校・被災その他の事情により調査書が得られない場合には、卒業証明書 (原本)を郵送してください。

入学準備学習プログラムについて

総合型選抜に合格し入学手続をされた方を対象に、入学までの期間を利用し、「入学準備学習プログラム」を実施します。このプログラムの目的は、「本学での学びにむけた姿勢や知識を身に付け、入学後の学習をスムーズにスタートできること」となっており、Webで模擬講義などを受講する2回の「Webキャンパス学習」と、自宅で取り組む「通信課題学習」で構成されています。合格者は、入学までの期間、入学準備学習に取り組んでください。
なお、詳しい日程・内容等は、合格者に別途送付します。

Q&A (法学部法律学科・国際コミュニティ学部)

法学部法律学科・国際コミュニティ学部については、以下のQ&Aもご確認ください。