ニュース

2020/10/05【学長室総合企画課】ひろみらイノベーションスタジオの参加する活動が「2020年度グッドデザイン賞」を受賞

10月1日、2020年度グッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会主催)の受賞結果が発表され、本学の2019年度ひろみらイノベーションスタジオに認定された「広島都心デザイン推進会議
Urban Design Meeting Hiroshima」(ディレクター:国際コミュニティ学部 木原 一郎准教授)の参加する活動が受賞しました。
活動は、「カミハチキテル -URBAN TRANSIT BAY-」という名称で、3月1日から4月26日まで実施した、広島市中心部の相生通りの車道、民地内空地、民地再開発を待つ敷地を転用し、「車を捌く道」から「歩行者が憩い、さまざまな出会いが起こる道」へ転換を図る、公共空間社会実験です。
人の居場所となる空間と人のつながりを創出し、審査委員からは「常設化を含むより豊かな公共空間づくりのベースとなることを期待したい。」とのコメントをいただきました。


※「ひろみらイノベーションスタジオ」とは
地域がそれぞれの特徴を生かした自律的で持続的な社会を創生するために、大学が地域課題を学問的・実践的に紐解き、その解決の方途を、当事者意識を持つ多様な関係者が集まって議論をし、共に解決への行動を起こす場を指し、大学として推進・支援しています。

関連リンク

ニュース