ニュース

2020/09/14【学生生活支援】学生相談室より~後期授業の開始にあたって~

学生相談室より~後期授業の開始にあたって~

修大生のみなさんへ

 後期の授業が対面授業とオンライン授業のハイブリッド型で始まろうとしています。しかし、キャンパスで求められる新しい生活様式はまだまだ手探り状態なのが現状です。
 5月に相談室から「不安とともに生活する」「不確かな情報とつきあう」「安心できる人とのつながりを保つ」「新しい生活をつくる」「情報発信はよく考えてから」の5つの提案をしました。これらのことはこれからもとても重要です。
 これらに加えて、後期が始まるこの時期に特に意識してほしいことをまとめてみました。

生活リズムをつかむ

 長い自粛期間により家にこもりがちになり、生活リズムが乱れていた人もいるかもしれません。後期はハイブリッド型の授業になるため、1日の中で忙しく行動を切り替えたり、毎日違う動き方をしなければならなかったりすることが想定されます。また、久々の通学で疲れやストレス反応が出る可能性もあります。安定した生活を送るには試行錯誤が必要です。時には上手くいかないこともあるでしょう。実際に生活を送りながら、自分に合った生活リズムをつかんでいきましょう。

状況の受け止め方に違いがあることを理解する

 新型コロナウイルス感染症に対する危機意識も、感染症対策に対する考え方も人によって大きな違いがあるようです。キャンパスに来るのを心待ちにしていた人もいれば、通学に不安を感じている人もいます。この先、あなたの近くにいる人が感染したり、濃厚接触者に認定されるといったことが起きるかもしれません。誰が感染しても、していてもおかしくない状況であり、立場はすぐに逆転するかもしれません。このような状況の中で後期が始まります。さまざまな違いがあること、予測できない状況にあることを心に留め、いたずらに非難することはやめましょう。

新しいキャンパスライフ(学修環境)をつくる

 対面授業が再開され、サークル活動も動き始めます。いよいよキャンパスでの「新しい生活様式」の模索が本格化します。互いの立場や考えの違いに配慮しながら意見を交わし、大学生としてふさわしいと思われる試行錯誤により、安心安全な学修環境を一緒につくっていきましょう。

気になることがあれば学生相談室にお電話ください

 変化への対応を求められますが、どうしていいかわからないことも多く、その先もはっきり見通せません。また、考え方や感じ方の違いに直面することもあるでしょう。イライラしたり、戸惑いや怒りを感じたりするのは状況に対処しようとする正常な反応の一部です。時には自分の気持ちを持て余してしまうこともあるでしょう。そのようなときは相談室に話しに来ませんか。


広島修道大学 学生相談室 ☎082-830-1119
開室時間:月~金 8:45~16:45

ニュース