ニュース

2020/05/01【学生センター】犯罪に巻き込まれないための注意喚起

犯罪に巻き込まれないための注意喚起

 現在、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い政府や自治体より緊急事態宣言が出され、不要不急の外出自粛要請や様々な職種における休業要請がなされています。
 当然自宅での滞在時間が増え、同時にSNSやメール等を通して多くの情報に触れる機会が増えてきます。また、生活のためのアルバイト就労も減ってきます。こうした状況下では、この機会につけ込んだ以下の様な犯罪行為が発生する恐れがあります。こうした犯罪行為には絶対に巻き込まれないように注意をしてください。


1.特殊詐欺等の犯罪行為アルバイトへの誘い
 SNS等を通してのオレオレ詐欺や還付金詐欺などの犯罪行為アルバイトへの誘い。

2.新型コロナウイルスに関連した不審な電話被害
 助成金補助サポートセンターを名乗り「コロナの関係で新しい制度ができた」等の不審な誘い。

3.マスクの販売に絡むサイバー犯罪について
 大手通販ショップを装い「全国でマスクが品薄状態になっております。お客様へ特別価格でご提供します。」などと記載されたメールを送り付けて、偽のマスク販売サイトに誘導し、クレジットカード情報等を盗み取るサイバー犯罪。

4.悪質商法の被害
 (1)高額なマスクや消毒液の訪問販売
 (2)新薬ワクチンの開発企業への投資を勧誘する利殖勧誘


なお、友人から誘われてもきっぱりと断り、決して巻き込まれないように注意してください。

【問い合わせ先】     
学生センター 830-1117


ニュース