ニュース

2020/06/01【緊急対策本部】【再掲】【学生のみなさんへ】学生への緊急支援について(4月28日掲載・6月1日再掲)

【学生のみなさんへ】学生への緊急支援について

 新型コロナウイルス対策として、「学修継続支援金」制度を新設し、学部生に8万円(大学院生4万円)を支給します。現在私たちは、政府から発出された緊急事態宣言を受けて、人の移動を抑えることでウイルスに立ち向かっています。本学においても対面授業を行わず、オンライン設備を活用した非対面の授業に切り替えました。そうすることで、広島修道大学における学びを止めることなく、世界的危機にあっても敢然と社会を支える人材を育成し続けたいと思います。

 この度のコロナショックの影響は甚大で、地元の広島経済をも直撃しています。アルバイトの機会を奪われ、勉学を支える資金が不足する状況も推定されます。コロナ禍は必ず終息します。それを少しでも早めるために今は経済活動を抑えています。しかしそのために本学学生の皆さんが大学での学びを諦めることがないよう、可能な施策を講じていきます。今回の緊急的な学生支援に関しては「学修継続支援金」をはじめ、総額6億円となる支援を予定しています。できるだけ早く、しかも確実に、学生一人ひとりの皆さんに届けられるように努めます。そのために、皆さんも本学のウェブサイトを毎日必ず確認し、必要な手続きを遺漏なく行ってください。

 「学修継続支援金」の給付に加え、今年度に限り「緊急生活支援奨学金」も創設しました。コロナ禍のために家計が急変した学生を対象に、ひとり10万円を上限100人に給付します。こちらについては、現在募集要項を作成しているので、近く手続き等について発表します。この他、「修学奨学金」、「経済支援奨学金」、「同窓会奨学金」も本学の恒常的な奨学金として用意しています。

 今は慣れない環境の下での学修で、戸惑うことも多いかと思います。この緊急事態を切り抜けた暁には、緑豊かな本学のキャンパスで、元気な皆さんと再会できると信じています。困難な中ではありますが、しっかりと学修を続けましょう。


2020年4月28日
広島修道大学
学長 三上 貴教

緊急支援概要について

実施規模

総額6億円規模

(1)全在学生への「学修継続支援金」の給付

オンライン授業の受講に係る通信費等の費用支援、その他大学での学修を継続していくための支援として、在学中の全ての学部生へ8万円(大学院生4万円)の「学修継続支援金」を給付します。
詳細及び手続きについては、追って教学システムにてお知らせします。
※前期休学及び休学予定の学生、外国人留学生の諸納付金全額免除の学生は除きます。

(関連リンク)
教学システム

(2)給付奨学金 広島修道大学「緊急生活支援奨学金」の創設

新型コロナウイルス感染症の影響により家計急変が生じた学生を対象に10万円を100人に給付する広島修道大学「緊急生活支援奨学金」を創設します。
詳細及び手続きについては、追って教学システムにてお知らせします。

(関連リンク)
教学システム

(3)特別貸付金貸付人数の拡大

前期諸納付金延納期限までに入金が間に合わない場合の特別貸付金(前期諸納付金相当額)の一時貸付を50人に拡大します。

(4)オンライン授業に伴う学習環境の支援

①パソコンの無償貸与
 オンライン授業の実施にあたり、パソコンがなく、自宅での学修が難しい学生に向けパソコン260台の無償貸与を行います。

(関連リンク)
自宅や下宿先にインターネット環境のない学生についての対応(情報センターサイト)

②購入教科書の送付料大学負担
 大学生協での購入教科書の自宅送付料を大学が負担します。

③通信容量の増設


※「災害等による家計急変学生支援」寄附金をいただいた場合、支援金として充当します。

ニュース