1. ホーム
  2. 専任教員の募集について

専任教員の募集について

教職員公募|専任教員「社会問題の社会学」、「労働社会学」の募集について

 現在、広島修道大学では、2023年3月に人文学部社会学科の認可申請を行い、2024年4月の開設を予定しております。 つきましては、下記の要領で専任教員を公募いたします。
専門分野 社会問題の社会学を専門とする者
担当科目 「社会問題の社会学」、「労働社会学」、社会学科関連科目
所属学部 人文学部
採用職名 教授、准教授、助教
ただし、助教の場合、就任2年目の1月までに期間の定めのない専任教員への変更を申し込むことができます。その際は、業績等の審査の後、就任3年目または4年目から期間の定めのない専任教員(准教授)となります。なお、申し込みがない場合、助教の任期は3年です。
採用人数 1名
応募資格 (1) 社会学の分野のうち、社会問題の社会学に関する研究業績を有する者
(2) a.博士の学位を有する者
   b.大学院博士課程の単位取得者その他これと同等以上の能力があると認められる者
   ※2022年3月末までに学位取得見込みの者、単位取得見込みの者も含む
(3) 「専門社会調査士」資格を有していることが望ましい
(4) 教育・研究・大学運営・社会貢献に積極的に取り組むことができる者
(5) 採用後は、広島市またはその近郊に居住できる者
採用時期 2024年4月1日
正式採用にあたっては、当該学部・学科の設置が文部科学省から認可されることが前提条件となります。また、文部科学省の大学設置・学校法人審議会の専門委員会による教員資格審査が必要な場合、「適格」と判定されることが前提条件となります。
応募締切 2021年12月27日(必着)
提出書類 (1) 履歴書(写真添付、所属学会明記、別紙様式)
  ※博士の学位については、付記された専攻分野名称、学位論文題目及び学位記番号を併記してください。
  ※「専門社会調査士」資格を取得している場合は、認定番号を付記してください。
(2) 教育研究業績一覧(主たる業績3点を明示、別紙様式)
  ※博士論文は必ず学術論文に記載してください。
  ※実務経験は教育研究業績一覧の「実務の経験を有する者についての特記事項」に記載してください。
(3) 著書、論文等(主たる業績3点について現物、抜刷またはコピー)
(4) 学位取得証明書または単位取得証明書(見込みの方は見込み証明書)
(5) これまでの研究概要と今後の研究計画について(別紙様式)
(6) 教育に関する考え(別紙様式)
(7) 「社会問題の社会学」に関する講義計画の概要(90分×16回分(試験を含む))(別紙様式)
選考方法 1次審査 書類・業績審査(応募者全員対象)
2次審査 面接(模擬講義を含む、1次審査通過者のみ)
※全ての選考が終了しだい、合否の通知および応募書類の返却をおこないます。
待遇等 (1) 給与    本学園給与規程による
         ※学歴、教歴、職歴を換算して決定します。
(2) 定年    67才
(3) 福利厚生  年金・健康保険(私学事業団)、雇用保険、労災保険、財型貯蓄制度等の福利厚生制度あり
(4) 休日等   日・祝日、年末年始、創立記念日(11月4日)、年次有給休暇、特別休暇(夏季休暇等)
書類提出先 〒731-3195 広島市安佐南区大塚東1丁目1番1号
広島修道大学 人事課気付 学長 三上 貴教 宛
* 応募書類は簡易書留とし、封筒に「社会問題の社会学」と朱書してください。
* 応募書類は採用選考にのみ使用し、それ以外の目的には一切使用いたしません。
* 別紙様式は本学ホームページやJREC-INのページからダウンロードできます。
問い合せ先
広島修道大学 総務部 人事課
TEL 082-830-1105(直通)
FAX 082-830-1325 
e-mail: jinji@js.shudo-u.ac.jp
備考 広島修道大学は女性研究者の積極的な応募を期待しています。

別紙様式のダウンロード