健康栄養学科
The Department of Health and Nutrition

健康栄養学科の学び

管理栄養士としての指導力と給食経営実践力の向上を図るカリキュラム。

「管理栄養士」(国家資格)の取得に必要な人体の構造と機能および疾病の成り立ち、食べものと健康、臨床栄養学、給食経営管理論などの管理栄養士養成課程としての必須科目を備え、加えて栄養教諭養成課程も設置しています。また本学科の特長として、心理学的支援に関する科目を履修でき、学習意欲に応えます。さらに、臨地実習体験前に、「地域配食」を実践する科目を設置し、地域で生きた学びを実践しつつ、管理栄養士としての指導力や実践力を培います。

学びのポイント

  • 管理栄養士養成課程に則った体系的な教育
  • 地域配食サービスなどの実践的実習
  • 栄養教育のためのカウンセリング理論と技能の修得

教育内容の流れ

1年次
栄養と健康の
基礎知識を蓄える
管理栄養士としての専門知識を学ぶための基礎知識を蓄えます。
2年次
栄養管理の
基礎を固める
将来の栄養管理や栄養教育に不可欠な知識や理論を学びます。
3年次
現場で活かす
専門知識と技術を培う
学内における実習や演習を通じて、現場で求められる専門技術を高めます。
4年次
臨地実習で応用力を高める
4年間の集大成として実習に取り組み、管理栄養士としての応用力を高めます。

ピックアップ・カリキュラム

専門性を身につけられる各種科目群を設置

2年次は、将来の栄養管理や栄養教育に不可欠な知識や理論を学びます。

心理学系科目
栄養教育・栄養指導を行う上で役立つ心理学・カウンセリング関連の知識や技能を修得します。
配食サービス実習
地域の高齢者を対象に配食サービスを実施し、今後需要が高まる分野について学びます。
応用栄養学
基礎栄養学を根幹として、ライフステージ別栄養素摂取の基準や栄養ケア・マネジメントの理論を学びます。
臨床栄養学
基礎栄養学の観点から疾病と栄養の関係を学び、科学的根拠に基づく栄養管理・支援・教育を実践します。

Pick up Study

山内 有信

給食経営管理論Ⅰ 藤井 文子 教授

管理栄養士業務の一つである給食施設の管理責任者として、給食運営の業務内容とシステムを理解し、食事計画に基づいて安全・安心な食事を提供するための基礎知識を学びます。

進路・就職について

各種施設で地域に貢献

病院などの地域の施設で、栄養の専門家として活躍できます。

進路の参考データ

健康栄養学科の進路の参考データ

  • ※(中国地区 2018年度卒業)「全国栄養士育成施設協会」公表データより作成。
  • ※「未就職」には、大学院などへの進学も含まれます。

建物紹介

9号館 健康栄養学科の学びの場

9号館には健康科学部健康栄養学科の実習を行うための設備が配置されています。衛生管理基準のHACCP(危害分析重要管理点)に準拠し、最新式の調理機器・設備を取り入れています。100名規模の大量調理実習が行える給食経営管理実習室・実習食堂などにより、本格的な実習が行えます。
施設紹介

健康栄養学科