経済情報学科
Department of Modern Economy

経済情報学科の学び

コンピュータ関連の学びでスキルを伸ばし、初心者でも資格を取得可能。

情報科学系、システム科学系の科目を豊富に用意しているので、初心者でも着実にコンピュータ・スキルを伸ばせます。3・4年次の少人数ゼミナールでは、多くが専門的な研究をコンピュータを駆使して行うので、高度なITスキルの修得が可能。コンピュータ関連の資格を取得する学生も多く、あらゆる産業分野で活躍する力が身につきます。

学びのポイント

  • 初心者にも安心の丁寧なコンピュータ指導
  • 体系的かつ実践的な経済・システム・情報教育
  • ユニークな講義科目と情報関連資格試験対応

教育内容の流れ

1年次
経済情報学の
基礎を学ぶ
経済学、システム科学、情報科学の基礎を学び、専門の基盤を築きます。
2年次
演習授業などを通じ
学びを深める
経済の基礎的構造を理解した上で、コンピュータの知識を学びます。
3年次
より高度な
専門分野を学ぶ
経済学、システム科学、情報科学それぞれに関する高度な専門分野を学びます。
4年次
研究してきたテーマを
まとめる
ゼミナールで主体的に研究してきたテーマをより深め、卒業論文にまとめます。

ピックアップ・カリキュラム

基礎から発展まで対応した科目群

1年次は経済学、システム科学、情報科学の基礎を学び、2年次は経済の基礎的構造を理解した上で、コン ピュータの知識を学びます。

経済学系科目
経済学ならではの基本的な視点や考え方をしっかり学び、分析に必要な理論とスキルを身につけます。
システム科学系科目
経済をコンピュータで分析できるようにシステムの「モデル化」について学びます。
情報科学系科目
プログラム、インターネット、ソフトウェアなどコンピュータに関する分野を幅広く学びます。
実践系科目
演習スタイルの授業科目。システムの操作方法など、実践力を身につけることを目的とします。

※2年次からの履修になります。

Pick up Study

脇谷 直子 教授

ソフトウェアⅠ・Ⅱ 脇谷 直子 教授

ソフトウェアを学び、
役割や活用を考える。

ソフトウェアのライフサイクルや開発工程をはじめとした基礎的な知識を幅広く学修。その役割や、問題解決などについても考えます。

進路・就職について

地域経済の活性化に貢献

多様な進路の中から、興味のある業界を選ぶことができます。

進路データ

経済情報学科の進路データ

主な内定先

●NTTビジネスソリューションズ(株) ●(株)北川鉄工所 ●キヤノンシステムアンドサポート(株) ●大日本印刷(株) ●(株)日本製鋼所(広島製作所) ●広島市職員Ⅰ種(消防吏員) ●富士ソフト(株) ●(株)ミカサ ●(株)ミロク情報サービス ●ヤフー(株) ●有限責任あずさ監査法人 ●リョービ(株)

成長実感メモ

4年間で何を身につけ、どう変化したと思いますか?

谷本 和也

株式会社ミカサ 就職

谷本 和也
2019年3月卒業 広島県立広高校出身

経済情報学科では、企業がどのように利益を生み出すのかといった経営の基本知識や、より多くの企業にメリットをもたらす利益還元の仕組みなど、お金の流れをさまざまな視点から研究します。また、PCを活用した情報処理やプログラミングの講義の中で、自然と高度なITスキルを習得。効率的に多くのことを学べるので、私生活でもスケジュール管理や効率性を意識するようになり、密度の濃い4年間を過ごせました。

内山 揚太

凸版印刷株式会社 就職

内山 揚太
2019年3月卒業 山口県立山口中央高校出身

経済学は、世界共通の学問。国によってさまざまな文化や考え方が存在しますが、経済学という世界中で使える一つの“言語”を手に入れたことで、海外の方とも円滑なコミュニケーションが取れるようになりました。いまの目標は、4年間で習得した専門知識や分析力を活用し、国内だけでなく世界を股にかけて働くこと。社会に出てからもさらに学びを深め、経済学という自分の武器を活かしていきたいと考えています。

経済情報学科