1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 英語英文学科
  4. フィリピン・セブ島の貧困救済プロジェクト

フィリピン・セブ島の貧困救済プロジェクト

広島修道大学では、2021年度より、セブ島貧困層住民の栄養状態の改善を目的として活動する「フィリピン・セブ島の貧困救済プロジェクト」を実施しています。
ここでは、プロジェクトの概要や進捗状況等を随時更新していきます。

プロジェクト概要

 人文学部では、以前より、フィリピン・セブ島における貧困支援活動のため海外インターンシップを実施していました。本プロジェクトではその繋がりを生かし、現地で支援活動に携わるNPO法人と連携し、「セブ島貧困地区住民の栄養状態の改善」を目的に、大学の専門教育を最大限に生かした、学部を超え、国境を越えた国際支援を実現します。

貧困支援には様々な形態があります。募金や生活必需品の配布などによる緊急支援は、一時的に命をつなぐことはできますが、支援継続の難しさがあります。本プロジェクトでは、セブ島のNPO法人DAREDEMO HEROと連携し、長期的視点から社会的貧困問題の解決を目指す活動の一環として、生活の根幹を支える食の視点から「もの」だけではなく「知識」を提供する支援を実施します。

プロジェクトには、人文学部英語英文学科通訳コースの学生と健康科学部健康栄養学科栢下教授のゼミの学生が参加。現地の生活状況、栄養事情を調査し、健康栄養学科の学生が貧困層住民の栄養に対する考え方を改善するための方法を提案します。通訳コースの学生は、言語の違いによるコミュニケーションの問題解決のため、ビデオ会議システムなどを使用し、リアルタイムで英語・日本語間のコミュニケーションを担当します。栄養学と通訳という全く異なる専門領域を重ねることで、普段のキャンパスでの学びを国際平和都市・広島から世界を変えるための力とし、人類共通の課題であるSDGsの達成に貢献していきます。

2021年度は現地のNPO法人等と協力して、現地の方への聞き取り調査や貧困層住民への支援物資送付等を行い、WHOやフィリピン政府などが公開している公的データなどを基に現地貧困層住民の栄養状態に関する仮説を形成しました。

2022年度活動内容

2年目となる2022年度は、セブ島の貧困層住民300世帯を対象とした大規模調査により、初年度に得た仮説の検証を行い、支援対象となる人々の実際の食事状況に関するデータを分析し、実効性のある栄養改善提案を策定することを目標に活動します。

2022年度プロジェクトの流れ

表はスクロールすることができます。

実施時期 内容
4月14日 プロジェクト参加説明会。DAREDEMO HEROの団体理念と事業概要についての講義。今期の指針と目標についての説明。メンバー紹介。
4月~5月中旬 質問紙法と写真撮影法による食事調査の準備(質問紙の内容検討や翻訳 等)。
5月下旬 予備調査の実施。イナヤワンのゴミ山に住む人々への聞き取り調査。
5月下旬~6月上旬 予備調査に対するフィードバック共有。予備調査の結果精査・疑問点の整理。
6月上旬 現地調査員(ソーシャルワーカー)への質問会。質問会での回答を精査し、本調査の実行可能性を検証。
6月中旬 本調査開始。セブ都市部貧困層300世帯を対象とした食事調査。
6月下旬~7月中旬 カレッタ墓地に住む人々への実況による聞き取り調査。本調査の実施状況確認。
7月下旬 本調査の結果データ分析。
8月4日 中間報告会。現地ソーシャルワーカー、現地栄養士などを対象に調査結果報告。

活動風景

プロジェクト説明会

4月14日、「フィリピン・セブ島の貧困救済プロジェクト」の2年目の活動が始まりました。
この日は2022年度のプロジェクト参加学生に向け、プロジェクトの概要やフィリピン・セブ島の貧困層の置かれている状況についての説明がありました。

現地の食生活に関する予備調査

プロジェクトで作成した質問紙などの調査器具を使用し、現地の食生活に関する予備調査を開始しました。質問紙は、日本で使用されているものを基に、セブ島貧困層住民の生活や食事状況に合わせ作成しました。食事調査の方法は、独自に開発した写真撮影法によって行います。聞き取り調査は現地団体DAREDEMO HEROのソーシャルワーカーが担当し、ビサヤ語への翻訳は、セブ医科大学栄養学部の協力も得ています。予定よりも遅れましたが、今回は10世帯を対象とした調査を実施します。調査方法の実行可能性を検討し、その後、プロジェクトは本調査に移行します。

現地調査員(ソーシャルワーカー)への質問会

6月9日、セブ島から送られてきた予備調査のデータを確認し、適切な分析が可能かどうかを検証するための質問会を実施しました。質問は現地で調査に協力していただいているソーシャルワーカーの方々に答えていただきました。
今回の調査では、質問紙票の他、写真撮影法を採用しています。これは、調査対象者の食事内容をすべて把握するため、3日間の調査期間に食べたもの、飲んだものすべてを計量し、さらにその写真をすべて送ってもらうことで、栄養価計算をする方法です。セブから送られてきた写真の内容を検討した結果、栄養価を計算するうえでいくつかの問題があることが分かり、解決策を現在検討中です。通訳コース生には、今回、初めてオンライン通訳を体験したメンバーもいました。

〇学生の声
「意見交換によって、生活環境が異なる地域の食事内容を精査するために最適な手段を見出すことができ、充実した質問会でした。」(健康栄養学科栢下ゼミ 神庭、木村)
「初めてのオンライン会合参加で、これが現実のプロジェクトであることを実感しました」(英語英文学科通訳コース 川部)