ニュース

2019/10/09【学長室総合企画課】浅野氏広島城入城400年記念事業を本学にて行います。

浅野氏広島城入城400年記念事業 広島藩 藩校再発見!
広島修道大学にて企画展ならびに講演会を行います。

広島県・広島市の「浅野氏入城400年記念事業」の一環として、広島修道大学は企画展「広島藩藩校ゆかりの人々と書物」ならびに講演会「浅野氏と修道 - 藩校の精神はどのように継承されたのか -」を下記のとおり行います。
修道学園は第5代藩主浅野吉長が創始した藩校「講学所」を淵源とすることから、広島市文化財団と協力し、今回の企画展ならびに講演会の実施となりました。


【詳細】
1.企画展
「広島藩藩校ゆかりの人々と書物」
- 藩校で使用したと推測される資料及び関連資料 の展示・解説
期 間:2019年10月9日(水)から11月7日(木)まで
*平日、10/14(月・祝)/9:00~16:00
*休館日10/22(火)、11/3(日・祝)、11/4(月・振休)
場 所:広島修道大学図書館 展示ギャラリー
展示内容:
・藩校で使用したと推定される資料(修道中高所蔵)及び関連資料(大学所蔵)の展示・解説
・藩校及び藩校を起源とする修道学園ゆかりの人物


2.講演会(申込要)
「浅野氏と修道 - 藩校の精神はどのように継承されたのか -」
日 時:2019年10月26日(土)10:00~12:00
場 所:広島修道大学図書館 ライブラリーホール
講 師:畠 眞實(はた まこと) 氏(元修道中学校・修道高等学校校長)
以上


■Point1 企画展「広島藩藩校ゆかりの人々と書物」 展示内容

・藩校で使用したと推定される資料(修道中高所蔵)及び関連資料(大学所蔵)
…20点余り(写真パネルを除く)
(例)至聖先師孔子神位(しせいせんしこうししんい)
  学問所に設けられた聖廟に安置された神位。天明3年(1783)頼春水の意見をもとに製作,7代藩主浅野重晟が「至聖先師孔子神位」と書いたもの。神位は神主(しんしゅ),木主(もくしゅ)ともいい,学問所の儀礼に用いられた。明治3年(1870)に学問所が八丁馬場に移設,「修道館」へ改称の際「至聖先師孔子神位」も修道館に移設された。

・藩校及び藩校を起源とする修道学園ゆかりの人物(山田十竹(養吉))の紹介


■Point2 浅野氏と修道学園の関係

修道学園は1725(享保10)年、広島藩主浅野吉長(よしなが)が白島稽古屋敷の一部に「講学所」を創始したことを起源としています。また、「修道」という校名は、広島藩7代藩主・浅野重晟(しげあきら)が城内三の丸に開設した「学問所」を、1870(明治3)年に12代藩主浅野長勲が城内八丁馬場へ移して「修道館」と称した時に始まりました。
中庸(儒教の経典「四書」の1つ)の「天の命ずる これを性といい、性に率う これを道という」に続く「道を修むる これを教えという」のことばから名づけられました。


■Point3 一般の方もご覧いただけます 

本企画は、一般公開しておりますので、本学関係者以外の一般の方にもご覧いただけます。





お問い合わせ先:学長室総合企画課(Tel:082-830-1102)

リリース