ニュース

2019/06/20【学長室総合企画課】国際協力機構発行の社会貢献債(ソーシャルボンド)への投資について

広島修道大学は、資金運用を通じた社会貢献への取組として、独立行政法人国際協力機構(以下「JICA」)が発行するJICA債に投資をいたしました。

投資した資金は、政府開発援助の実施機関であるJICAの有償協力事業を通じて、開発途上地域等の経済及び社会の発展に活用されます。また、JICA債は2016年12月に決定された、日本政府の「持続可能な開発目標(SDGs)実施指針」において、SDGsを達成するための具体的施策の一つとしても位置付けられています。

SDGsは、持続可能な社会をつくるために、世界が抱える問題を17の目標と169のターゲットに整理したものです。広島県は2018年6月に「SDGs未来都市」として内閣総理大臣より選定されており、本学としてもさまざまな形でSDGsの達成に取組んでいきたいと考えています。

今後も、広島修道大学は、持続可能な社会の形成に向けて社会的使命と役割を果たしてまいります。

リリース