ニュース

2018/08/06【学長室総合企画課】修大生がファシリテーターとして第4回廿日市市生徒会サミットに参加

広島修道大学健康科学部心理学科では、学生のファシリテーション能力を高めることを目的としたプログラムを行っています。8月28日には、「第4回廿日市市生徒会サミット」にて学生7名がファシリテーターを務めます。ファシリテーション能力は、集団での問題解決やアイデア創造など、さまざまな知識創造活動を支援し促進する働きをします。学生たちは、サミットに参加する前に、授業にてファシリテーションの概要や、グループワークを通してうまく話しを引き出す方法や気をつけるべきことなどについて学びました。
第4回廿日市市生徒会サミットでは、学んだスキルを活用して、『「安心・笑顔・楽しい」があふれる学校にしよう!』をテーマとした中学生によるグループ協議でのファシリテーター役を務めます。
ぜひ、取材のほどよろしくお願い申し上げます。


【第4回廿日市市生徒会サミット】    

日時 :2018年8月28日(火) 13:30~16:30
場所 :あいプラザ(廿日市市保健センター)
テーマ:「安心・笑顔・楽しい」があふれる学校にしよう!
参加者:約50名(各中学校生徒会担当教員・生徒会執行部生と3名ほか)
    廿日市市PTA連合会会員、廿日市市民生児童委員、広島修道大学学生




取材いただける場合は、学長室総合企画課(Tel:082-830-1102)までご連絡ください。

リリース