リリース

TOPページ > リリース一覧 > 商学科の学術講演会にて本学学生が逐次通訳を行います

2017/06/15【学長室総合企画課】

商学科の学術講演会にて本学学生が逐次通訳を行います

この度、商学科の学術講演会の講師として、ブルンジ政府観光局・局長顧問のダンシル・ニゼイマナ氏にお越しいただきます。この講演会は英語で行われ、人文学部英語英文学科の4年生 (伊藤万将さん、植村俊介さん、榊原隼さん) が逐次通訳を行います。当日、通訳を担当する学生は、2015年から人文学部に設置されている通訳コースの第1期修了生です。このコースは4つの通訳演習科目からなる2年間のプログラムで、基礎訓練から模擬通訳までの訓練を通じて通訳に必要な知識と技能を身につけます。植村さんと榊原さんは2年生後期にアメリカに半年間留学し、通訳だけでなく英語に関連した専門分野の勉強に力を入れてきました。
ぜひ取材のほどよろしくお願い申し上げます。

【概要】
テーマ:「ブルンジにおける観光の現状と観光政策」
講 師:ダンシル・ニゼイマナ 氏(ブルンジ政府観光局・局長顧問)
通 訳:人文学部英語英文学科4年 伊藤万将、植村俊介、榊原隼
日 時:2017年6月30日(金) 9:00~10:30
場 所:広島修道大学5号館 5303教室
参加者:授業「観光論」の履修者 59名、一般の方
       ※今回の講演会は商学部の「観光論」の授業でもあります。



◎本学では、学外から著名な研究者をお招きし、学生を対象に学術講演会を開催しています。
 講演会の詳細につきましては下記PDFをご参照ください。


取材いただける場合は、学長室総合企画課(Tel:082-830-1102)までご連絡ください。

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について