ニュース

2015/11/05【学長室総合企画課】人間環境学部の講義にて新型燃料電池自動車を試乗

広島修道大学では、人間環境学部の学生を対象に世界の地球温暖化対策について講義を行っています。11月10日(火)の講義においては、トヨタ自動車株式会社の系列販売会社である広島トヨペット株式会社より外部講師を招き、運輸部門における温暖化対策として重要な「エコカー」をテーマに取り上げます。講義では世界初の量産燃料電池自動車「MIRAI」について説明していただいた後、構内にて同車の試乗も行われる予定です。
以下の詳細をご覧いただき、取材についての検討をいただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

【講義概要】
1・新型燃料電池自動車「MIRAI」についての説明・試乗および水素社会の実現
2. 講師:藤本 守之氏(岩谷産業株式会社 水素エネルギー部 企画・推進担当 シニアマネージャー)
中本 尚宏氏(広島トヨペット株式会社 サービス部課長)
3. 日時:11月10日(火) 1限 (9:00~10:30)
4. 場所:6103教室 及び駐車場(6号館1階)
5. 科目名:国際地域環境政策論
6. 担当教員:羅 星仁 (広島修道大学 人間環境学部 教授)

リリース文はこちらからダウンロードをお願いいたします

リリース