ニュース

2014/12/08【法学部】国際政治学科教育講座を開催 テーマ:「香港の民主化運動」

9月から続く香港の民主化運動。約3ヶ月が経ち民主化運動の様相も変化していく中で、中国の抱えるさまざまな問題も表面化してきています。
この民主化運動を通じて中国に対する知識・興味を高めてもらうことを目的として、広島大学大学院から中園教授をお招きし、国際政治学科の学生を対象とした教育講座を開催します。一般の方の聴講も可能です。
香港の学生たちは、なぜ道路占拠という違法な方法に訴えてまで抗議活動をしたか。これから、香港と大陸中国との関係はどう変わるか。香港研究の専門家である中園和仁先生に、これらの問題についてお話いただきます。
以下の詳細をご覧いただき、取材のご検討をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。



<開催概要>
■テーマ:「香港の民主化運動 -香港の若者はなぜ立ち上がったのか-」
■内容:香港の学生は、直接選挙の方法をめぐり、抗議行動として、大規模な座り込みや道路占拠をほぼ二カ月間続けた。この学生運動は「雨傘革命」ともいわれている。学生たちは、なぜ道路占拠という違法な方法に訴えてまで抗議活動をしたか。これから、香港と大陸中国との関係はどう変わるか。
■講師:中園 和仁教授(広島大学大学院国際協力研究科)
■開催日:2014年12月10日(水) 3限(13:05~14:35)
※国際政治学科履修科目 特殊講義C(東アジアの国際政治)の授業として
■場所:2309教室(2号館3階)
※事前申込は不要です。

関連リンク

リリース