ニュース

2019/10/09【学習支援】LSCワークショップ「プレゼンの練習をしよう!」開催報告

LSCワークショップ「プレゼンの練習をしよう!」を開催しました

 10月8日(火)に、LSCワークショップ「プレゼンの練習をしよう!」を開催しました。今回のワークショップは、伝わりやすい話し方の型について学び、今後、話す意図や場面によってそれらを意識できることを目的としました。

 はじめに、論理的な話し方として、PREP法について学んでいきました。PREP法とは、相手に伝わりやすい話の順序で、Point(主張・結論)、Reason(理由・根拠)、Example(例)、Point(主張・結論)で構成されています。学生たちは、「地元に人が来るように誘う」というテーマに対し、PREP法を使って話す内容を整理し、発表していきました。緊張している学生もいましたが、とてもわかりやすく地元の魅力について話してくれました。
 次に、感情に響く話し方として、ストーリーについて学んでいきました。まず、好きな映画について、どこに心を動かされたのか、どのようなストーリーだったか話してもらい、ストーリーの力を確認しました。そして、ストーリーには、きっかけ(スタート)・目的(ゴール)・課題(困難)・変化(成長)・タイトル(意味づけ)という5つの構成要素があることを学びました。ストーリーでの話し方の練習として、「自分自身が困難を乗り越えたこと」をテーマに、アイデアを整理し、発表していきました。山頂に登ったこと、グループ学習をしたことなどをドラマティックに話してくれました。
 その後、話の導入部分である「つかみ」について学びました。最後に、今回学んだPREP法、ストーリー、つかみの3つは、プレゼンする場面、意図によって使い分ける、もしくは組み合わせていくことが重要であることを確認しました。

 参加者からは、
「非常に楽しかった、もっと長時間受けてみたいです」「PREP法やストーリーの話し方を練習することができてよかった。これからプレゼンをするときに生かしていきたいと思います」などの感想が寄せられました。

 今後のLSCワークショップとして、10/10(木)5限「トラブル!?トラベル英会話」、10/17(木)5限「大学一年生からのテツガク」、10/24(木)5限「君にも書ける短編小説-発想編-」を開催します。また、毎週水曜日の昼休みに、協創館1階まなびコモンズで、様々なプレゼンを映像で見て、どこがよかったのか話し合う「プレゼンの目」を開催しています。
 ぜひ、一緒に学び合いましょう。

ニュース