ニュース

2019/05/07【ひろみらセンター】フラワーフェスティバルに出展しました

「咲かせよう!心に花を再幸さいこうの愛で」

広島修道大学 さつきステージ 5月4日折鶴ブースにて 5月5日学生ボランティアコーナーにて 5月4日ハワイアン部 5月4日ダンスサークル 5月5日演武 折り鶴モニュメント

5月3日~5日のフラワーフェスティバル「広島修道大学ひろば&さつきステージ」に出展しました。

今年の本学のフラワーフェスティバルのテーマは、学生から募集し、
「咲かせよう!心に花を再幸さいこうの愛で」としました。
昨年、西日本に甚大な被害をもたらした平成30年7月豪雨災害をうけ、テーマの中にある「再幸さいこう」に ‟最高の愛” で ‟再び広島を幸せにしよう” という意味が込められています。

今年も美術部と書道部によるステージバックのもと、 放送研究会による司会進行により、ステージは、現役の文化局、体育局サークルをはじめ、OBの皆さまや、修大ひろしま協創中学校・高等学校、比治山大学、修道中学校・高等学校による演奏や演武が繰り広げられました。
 
ひろばでは、学友会、修大ひろしま協創中学校・高等学校の協力のもと、来場者と共に平和や希望、復興に思いをよせながら折り鶴をつくり、特製ケースの中に折り鶴を投函していただきました。
また、学友会や学生ボランティア団体のEフロンティア(学習支援ボランティア)がブースを出展し、活動をPRしました。

「Shudo Cafe」においては、コーヒー・ジュースなどのドリンクを、環境にやさしいリユースカップで提供するとともに、フラムーネを販売しました。
このフラムーネという商品は、福島県立平商業高等学校の生徒が東日本大震災の復興の気持ちをこめてフラムーネのラベルのデザインを行い、売上げの一部を東日本大震災の復興支援のために募金しています。

みなさまのご協力ありがとうございました。

ニュース