ニュース

2017/12/12【法学部】広島国税局による講演会を行いました

リーガルマインド リーガルマインド

12月6日(水)、「法律基礎B(現代社会と税)」(中国税理士会寄附講座)では、法律学科リーガルマインド養成講座の一環として、広島国税局の協力により講演会を行いました。
広島国税局課税第一部長の剱持敏幸氏をお迎えして、「国際課税について」をタイトルとする講演会を開催しました。剱持氏は、最近ニュースにもなった「パナマ文書」や「パラダイス文書」を取り上げ、国際課税の問題の大きさを説明してくださいました。また、タックス・ヘイブンやBEPSプロジェクトといった最新の取り組みを中心に、現実に税務の現場で起きている問題をわかりやすい具体例を用いて説明いただきました。短い時間の中で、大変中身の濃い講演をしていただきました。およそ90名の受講生の多くは、最近ニュースで取り上げられた事柄への知識を深められたり、経済の国際化の中で生じている税務の問題について具体的に理解でき、大変有意義であったとの感想を寄せています。

関連リンク

ニュース