ニュース

2017/11/09【法学部】国連ユニタール(国連訓練調査研究所)広島事務所長にお越しいただきました

11月8日、法学部国際政治学科のナスリーン・アジミ教授の授業「国際機構論II」で、国連ユニタール(国連訓練調査研究所)広島事務所長の隈元美穂子氏にお越しいただき、「ミレニアム開発目標[MDGs] から持続可能な開発目標[SDGs] へ:これまでの達成状況とこれからの課題」と題して、講演いただきました。
講演では、「ミレニアム開発目標[MDGs]」から「持続可能な開発目標[SDGs]」へ移り変わりについてご自身の経験を含め、お話いただきました。MDGsは2000年に採択され2015年までの達成を目指した8つの目標から成り立っているのに対し、MDGsの後継となるSDGsはより詳細な17の目標から構成され、2016年から2030年までの達成目標を掲げています。MDGsの中で達成できた目標とできなかった課題、またSDGsがどのようにこれらの課題にチャレンジしているかについて解説していただきました。
今回の講演では、国際的な課題について現地で活躍された方のお話を通じて、授業で学んできたことをより深く考えるきっかけとなりました。ユニタールの上級顧問でもあるアジミ教授は、今後も本学とユニタール広島事務所との連携を深めるイベントを企画していく予定です。

関連リンク

ニュース