新着一覧

TOPページ > 一覧 > 経済科学部 西田友是教授が秋の褒章を受章されました

2017/11/02【学長室総合企画課】

経済科学部 西田友是教授が秋の褒章を受章されました

このたび、経済科学部 西田友是教授が学問や芸術などで功績を残した人に贈られる「紫綬褒章」を受章されました。西田教授は、日本におけるコンピユータグラフィクス研究のパイオニアであり、3次元物体のリアルな表現法、照明シミュレーション、景観予測、自由曲面の表示法、CGアニメーション、インタラクティブレンダリング等の研究に1970年から半世紀近く貢献されました。
1987年、情報処理学会から研究賞(現山下記念研究賞)を受賞。2005年、米国ACM SIGGRAPHから Steaven A. Coons Awardをアジアで初めて受賞され、2006年、NICOGRAPHからCG-Japan Awardを受賞されました。また、画像電子学会においては、CG関連の優秀論文の著者に与えられる賞「西田賞」が創設されました。
1993年から非常勤講師として、また2013年度より本学に着任され、経済科学部にてコンピュータグラフィックスや情報科学を専門として、引き続き教育・研究に従事されています。
西田先生の「紫綬褒章」の受章につきまして、心よりお祝い申し上げるとともに、さらなるご活躍を祈念いたします。

西田友是教授 略歴

1973年:広島大学大学院工学研究科修士修了、マツダ(株)入社
1979年:福山大学 講師 1990年:同 教授
1998年10月:東京大学理学部 教授
1999年4月~2013年3月:東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授
2009年:画像電子学会 会長
2013年4月:広島修道大学経済科学部着任
2013年6月:東京大学 名誉教授


facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について