ニュース

2017/08/03【健康科学部】「ファシリテーションのスキルとマインドを学ぶセミナー」を開催

健康科学部心理学科では、アクティブ・ラーニング・プログラム事業として、「ファシリテーションのスキルとマインドを学ぶセミナー」を8月2日(水)、協創館のまなびホールにて開催いたしました。「ファシリテーション」は、集団での問題解決やアイデア創造など、さまざまな知識創造活動を支援し促進する働きとして、注目されています。
セミナーの前半では、FAJ(特定非営利活動法人 日本ファシリテーション協会)が主催するセミナーやワークショップで講師を務める田坂逸朗先生(本学人文学部講師)から、「ファシリテーションとは」「ファシリテーターに求められるスキルとは」など、ファシリテーションに関する基礎的知識をお話しいただきました。
セミナー後半では、グループに分かれて、集団討議の場でのファシリテーターの役割について、参加者それぞれが意見を出し合いながら考えました。本セミナー参加者は、8月29日(火)に実施される「第3回廿日市市生徒会サミット」において、学んだスキルを活用して、中学生によるグループ協議でのファシリテーター役を務める予定です。

関連リンク

ニュース