ニュース

2017/06/22【国際センター】米国フルブライト国際教育職員プログラム参加者が来訪

今年も米国フルブライト国際教育職員プログラム(Fulbright International Education Administrator Program:IEA)に参加している10名が、6月16日(金)に本学を訪れました。
プログラム参加者は、フルブライト奨学金(資金)で2週間日本に滞在し、文部科学省や、東京大学、早稲田大学等、関西では、立命館大学等を訪問し、日本の高等教育、日本の文化、その他日本全般について研修します。広島では、毎年本学を訪れています。
本学では、午前中、本学の教職員・学生と、「学生生活や海外留学」、「学生の就職事情」、「本学教育の課題」の3つのテーマについて意見交換しました。非常に白熱した議論が展開され、貴重な情報交換のセッションとなりました。
午後からは、IEAの10名は、本学の市川太一学長を表敬訪問しました。市川学長とは、本学のグローバル化や地域貢献の取り組みについて意見を交わしました。続いて、国際センターのスタッフから、本学について全般的な説明、なかでも国際交流と教育の概要及び実情について報告を受けました。その後、4名の学生がそれぞれのテーマに基づき発表し、学生たちとも深く交流しました。
昨年同様、朝から夕方まで双方で大変充実した1日となりました。

ニュース