ニュース

2017/05/12【ひろみらセンター】本学と広島信用金庫との連携協力に関する協定の締結を行いました。

 5月12日(金)、広島信用金庫(理事長 武田 龍雄)と広島修道大学(学長 市川 太一)は、それぞれの持つ人材、知識、情報などの資源を活用して相互に協力することにより、人材の育成と地域社会の発展に資することを目的として「連携協力に関する協定書」に調印を行いました。

締結した協定書の連携協力事項は、以下のとおりです。
(1)地域経済活性化に関する業務協力
(2)地域社会が抱える課題を解決するための調査・研究に関する協力
(3)人材の育成・交流 
(4)その他広島修道大学及び広島信用金庫が合意した事項

 これまで、本学において広島信用金庫に継続的に支援いただいている講義としては、1996年に「特殊講義(法律文書作成)」に講師を派遣していただいたのをはじめに「キャリアと人生」「金融実務Ⅱ」「地域経済活性化研究」等において、講師を派遣していただいてます。また、「キャリアセンター」「教学センター」が担当するインターンシップ事業において、広島修道大学からは学生を派遣し、広島信用金庫では派遣学生に対する社会人教育を行なっていただいています。
 地域経済活性化に関する業務協力としては、広島信用金庫が主催する「広島県信用金庫合同ビジネスフェア」に、2010年度より広島修道大学「ひろしま未来協創センター」として継続的に参加しています。
 本年度より「起業家精神養成講座Ⅰ」への講師派遣が始まるとともに、「キャリアセンター」における「長期インターンシップ」での学生の派遣と受入も検討されています。
 

ニュース