ニュース

2017/05/11【商学部】上海高島屋で広島ブランド産品の販売実習が実現

2016年度後期に広島県補助事業として開講した広島修道大学・広島市立大学連携プログラム「グローバル人材育成と地域企業」の一環で、受講者の半数を超える22名(内社会人2名)が中国上海市での海外現地研修(3月8日〜15日)に参加しました。

参加者は講義で学んだ専門知識やグループで練った広島ブランド産品の販売戦略について、上海高島屋地階で開催中の「四国・中国地方物産展」で実践する機会を得ました。学生たちは「祭り」、「和装」、「制服」、「ホワイトデー」の4つのテーマに分かれて臨みました。準備段階から試行錯誤しながらも、その努力実って販売数は当初の目標を大きく上回りました。
当日は、学生たちの取り組みについて、在上海日本国総領事様によるご視察や現地雑誌『コンシェルジュ上海』の取材を受けるなど(リンク資料をご覧下さい)、「広島」の知名度アップに微力ながら貢献しました。

このたび上海で得た貴重な経験や達成感は、参加した学生にとってグローバル人材に必要な能力の涵養に結びついたものと思います。それもすべて上海高島屋百貨有限公司様、三宅(上海)商務信息諮詢有限公司様、マルト製菓株式会社様、染匠株式会社様、広島YMCA上海事務所様、コンシェルジュ上海様、そしてひろしま産業振興機構上海事務所様の献身的なご協力のおかげです。ここに記して心より感謝申し上げます。

関連リンク

現地雑誌『コンシェルジュ上海』の取材を受けました。雑誌の表紙と記事は以下よりダウンロードしてご覧ください。

関連リンク

ニュース