新着一覧

TOPページ > 一覧 > 税に関する2回の講演会を開催しました

2017/04/26【法学部】

税に関する2回の講演会を開催しました

広島東法人会会長 野坂文雄氏(もみじ銀行会長) 広島東税務署長 中村哲治氏

今年度、法学部の「税法」の授業では、広島東法人会の協力をいただき、2回の講演会を実施しました。
2017年4月19日には広島東法人会会長 野坂文雄氏(もみじ銀行会長)をお迎えして、「企業経営と税金」をテーマに講演いただきました。野坂氏は、まず法人会の活動を説明してくださいました。そして、経営者の観点から、法人税の仕組みや現状を説明したうえで、地方における中小企業の重要性を指摘し、中小企業に対する税制上の支援について解説いただきました。また、金融機関の役割について、地方創生に対するもみじ銀行の取り組みを例にお話しいただきました。
翌週の4月26日には広島東税務署長 中村哲治氏をお迎えして、「税務行政の現状と税務署の役割」というテーマで講演いただきました。中村氏は、国家財政の現状、税務行政の現状、税務署の仕事について、質問を交えながらわかりやすく説明してくださいました。国家財政の規模の大きさを理解するために、1億円の大きさ、重さを、1億円の札束のレプリカで実感させていただきました。また、人口減少社会や経済活動の国際化といった、経済社会の構造変化に伴って税務行政が直面している課題についてもお話しいただきました。
2回の講義を通じて、税についての正しい理解と適正な納税の重要性について学ぶ貴重な機会を得ることができました。150名を超える多くの受講生が、貴重なお話を大変興味深く、また熱心に聞いていました。

関連リンク

facebook

twitter

ページトップへ

  • 後援会サイト
  • 3つのポリシー
  • 教職員公募
  • 障がい学生支援について