ニュース

2017/02/24【法科大学院】法務研究科シンポジウムが開催されました

 1月28日(土)、本学7号館学術ホールで本学法科大学院主催のシンポジウム「広島修道大学法科大学院が創出したもの、継承すべきもの」が開催されました。広島修道大学法科大学院は2004年4月に設置され、2017年3月末をもって廃止の予定です。
 シンポジウムは、1月22日に急逝された渡邊直行教授に黙祷を捧げた後、市川学長の挨拶、上谷均研究科長の基調報告を受けて、吉村徳重先生、渡名喜庸安先生、舩木孝和先生、2名の修了生のご報告をいただきました。またフロアーからも修了生、非常勤講師として授業を担当された先生からのご発言がありました。シンポジウムについては、3月末に発行予定の記念誌に掲載される予定です。
 その後、会場を移して懇親会を開催し、新旧教職員、修了生が旧交を温めました。

ニュース