ニュース

2016/10/25【ひろみらセンター】災害復旧・復興支援ボランティア活動 活動報告会を開催しました

10月25日(火)に「災害復旧・復興支援ボランティア活動 活動報告会」を開催しました。

今年の夏季休暇を利用して、東北での復興支援活動および熊本での復旧支援活動を行った本学の学生25名が、現地での活動内容や現地の現状、そして活動を通して感じたそれぞれの想いやメッセージを報告しました。

報告を行った学生からは「まだ進んでいない東北の復興と、現地の方々からのお話しで痛感した“心の復興”はこれからの課題だと実感した」「現在の熊本の“日常”を体験し、今の自分の“日常”の大切さを再認識できた」「被災地の方々が私達に伝えてくれたことを、発信していきたい。そして被爆地の広島で生まれ育った人間として、地元の歴史や想いを語り継いでいかなければいけないと思った」など、現地で活動を行ったからこそ感じた視点で、報告がありました。

活動に参加する全員で7月に事前研修会を行い、8月の現地での活動、そして9
月に振り返りのための事後研修会があり、最後の締めくくりが今回の報告会となります。
活動期間や活動内容、また参加したきっかけもそれぞれ異なりますが、参加したすべての学生にとって「つながり続けること」「現地の方々の心に寄り添い、気持ちを感じ取ることの大切さ」を体得できたことは貴重な経験となったと思います。

報告会にご参加いただいた皆様、そして今回の復旧・復興支援ボランティア活動にご支援いただいた皆様、誠にありがとうございました。

ニュース