ニュース

2016/07/13【法学部】広島学で旧海軍兵学校の歴史を学びました(江田島)

法学部開講の「広島学(近現代の広島と法)」は、今年、「軍都広島」をテーマにしています。7月9日(土)、講義の一環として、江田島市にある海上自衛隊第一術科学校に行ってきました。
5月14日(土)に続いて2回目となる今回のエクスカーションでは、世界三大海軍兵学校(残りのふたつはアメリカのアナポリスとイギリスのダートマスにあります)と称された旧海軍兵学校の歴史、東郷平八郎提督をはじめとする旧海軍にまつわるさまざまな資料を見学し、広島における旧海軍の存在、そしてそれが現代にどのようにかかわっているのかということについて学びました。
参加者からは、「兵士の遺品や遺書の内容に感銘を受けた。」「平和な現代の広島を見直すいい契機となった。」などの声が寄せられました。



■エクスカーションとは:
現地視察や見学を行うだけでなく、現地で案内や解説を聴き、参加者同士で意見交換を行う「体験型見学会」をいいます。

関連リンク

関連リンク

ニュース