ニュース

2016/07/01【ひろみらセンター】熟議ウィーク・学びあいミーティングを開催しました

熟議ウィークの様子 学びあいミーティングの様子

 広島修道大学では、2010年度より『地域つながるプロジェクト』を行っています。
※『地域つながるプロジェクト』とは…本学の学生・教職員が地域の課題を解決する活動の企画・実施や調査・研究を行うプロジェクト

 その一環として、多様な主体が熟慮・議論する場である「熟議」を開催し、課題解決に向けてのアプローチを議論します。昨年度に引き続き 今年度も、6月13日(月)~25日(土)の2週間を「熟議ウィーク」と称し、この期間内に16のプロジェクトがそれぞれ熟議を行いました。

 学外から協力者の方々にもお越しいただき、現地の状況や期待することなどもお話しいただくなど、それぞれが今後の活動の進め方や目指すところを改めて明確にしました。また、熟議は見学自由としたため、プロジェクトに参加していない学生や他のプロジェクトに参加している学生、教職員も見学しました。


 熟議を終えた6月30日(木)には、「学びあいミーティング」を開催しました。「学びあいミーティング」では、田坂先生をファシリテーターとしたワークショップを行い、それぞれのプロジェクトが熟議で話した事や活動内容、プロジェクトを進めていく中での悩み等を共有しました。

 ワークショップの手法は「ストーリーテリング・カフェ」。プロジェクトの異なる5名程度が1つの班になり、順に自分のプロジェクトのことを話します。 話した後は、聞いていた他のメンバーが、キーワードなどを付箋に書いて返すという形です。ワークショップの最後には、2人の学生が自ら感想を発表してくれるほど盛り上がりました。

  時間が経つにつれて班の中に団結が生まれ、互いにアドバイスしあう場面も見られました。最後には、班で写真を撮るところもあるなど、プロジェクトの枠を越えたつながりが生まれたようです。

ニュース