ニュース

2016/06/20【国際センター】フルブライト国際教育職員プログラム参加者が来訪

6月17日(金)、今年もアメリカからフルブライト国際教育職員(Fulbright International Education Administrator)10名が本学を訪問しました。
一行は、フルブライト奨学金(資金)で2週間日本に滞在し、本学をはじめ文部科学省や、東京及び関西の大学を訪問し、日本の大学教育、日本の文化、その他日本全般について理解を深める予定です。

午前中は、本学の教職員・学生と、「本学の異文化理解プログラム」、「留学生の地域貢献活動」、「学生の将来の進路」の3つのテーマについて英語で意見交換を行いました。参加した本学学生から、これまでに大学で取り組んだ活動や日本の文化などが紹介され、それに対してフルブライトの参加者からたくさんの質問や意見が寄せられました。活発に情報交換が行われ、相互理解のための貴重なセッションとなりました。
午後からは、まず本学の市川太一学長を表敬訪問し、その後、竹井光子国際センター長と本学に在籍する留学生から本学の国際交流の実情等について説明を受けました。
最後に、人文学部英語英文学科Barrs先生の授業で学生の「グループワーク」に参加し、学生のプレゼンテーションについて質疑応答をしました。

10名のフルブライト国際教育職員の方々からは、実際に日本の大学の教職員や学生と話をすることができ、日本の大学教育や学生の活動についてより一層深く理解できて大変満足したとの声が聞かれました。

ニュース