ニュース

2016/06/06【商学部】広島市信用組合 山本理事長の寄附講座を開催しました

6月1日、商学部C群特殊講義(信用組合論)において、広島市信用組合 理事長 山本明弘氏による寄附講座が開催されました。
山本理事長からは、
・「経営は、絶えず3年後、5年後、10年後という先を見据えて、今何をやるかが大事です。」
・「地域の企業を支援し、地域を元気にしていきたい。ひいては日本の企業を元気にしたい。」
・「一番大切なことは、人を大切にすることである。企業との信頼関係を得ることです。」
・「これからの社会は女性を活用しないと企業は成長しない。女性が働ける職場でないと衰退してしまう。」
などの貴重なお話がありました。
マイクを使用しない講義でしたが、5101教室(大教室)に山本理事長の元気な大きな声が響き渡り、受講している約300名の学生に元気と希望のエールもいただきました。
受講した学生からの声として、「正直が大切」「こんな感動した授業はじめて」「市信用で働きたい」「仕事に誇りを持てる人間になりたい」など、さまざまな感想がありました。

関連リンク

ニュース