ニュース

2016/05/09【法学部】法学部創設40周年事業としてEU講演会を開催しました

2016年5月7日(土)2時限に7号館学術ホールにおいて、法学部創設40周年事業の一つとして、関西学院大学国際学部・吉村祥子教授による「EUの成り立ちとしくみ」についての講演会を開催しました。
この講演会は、法律学科・国際政治学科の法律基礎A(EUとEU法入門)の授業を公開して開催されたものです。授業の履修者以外の方も含め、およそ100名の聴講者がありました。

吉村教授は、本学法学部に1997年から13年間在職し、その間には卒業後に人気のお笑いタレントになったゼミ生を指導したことが冒頭で紹介され、受講者は親しみを感じた様子でした。

講演は、現在テロや移民・難民などの大きな問題を抱えるEUが、どのような理念に基づき創設されたかの説明からはじまり、さまざまな危機に直面しながらも統合を進めたEUの成り立ちとしくみが分かりやすく解説されました。

日ごろやや遠くに感じるヨーロッパの国々ですが、今回の講演会を通じて、これからのEUはどうあるべきかを考える機会となりました。EUからの離脱が国を二分する議論となっている英国など、これからもEUの動きから目が離せないことを認識することができました。講演後は質問が相次ぎ、予定の時間を超えて講師との活発な議論が行われました。

関連リンク

ニュース