ニュース

2016/03/10【ひろみらセンター】ひろみらの支援企業が「やまぎん地域企業助成金」を獲得

 3月3日、本学ひろしま未来協創センター(ひろみら)のシンクタンクの支援を受けた廿日市市宮島町の牡蠣屋(株)大前万象社長が市川太一学長にお礼のご挨拶、新商品(牡蠣醤:かきひしお)を持参された。
 当日は、山川肖美ひろみらセンター長(副学長兼務)が対応され、大前社長より開発された商品へのこだわり、技術面での特殊性について説明をいただいた。この度、牡蠣屋(株)の商品開発及び技術開発について、ひろみらシンクタンクメンバーである本学商学部川原直毅先生がアドバイスをさせていただいている。「やまぎん地域企業助成基金」から100万円の助成金を受けたことについて、牡蠣屋(株)のご尽力はもちろんのこと、本学のシンクタンクも微力ながらお役に立てたことなどについて話合い、談話の中で喜びを分かち合った。
山川先生も既に過去に牡蠣屋の飲食店へ来店されており、非常に素敵なお店で食事もとても美味しいと称賛された。

 大前社長は、これからもひろみらの支援を受けながら、新商品開発に挑戦したいと意気込みを語った。本学は廿日市市、廿日市商工会議所と協定を結んでおり、さらに支援の輪を広げていきたい。

ニュース