ニュース

2016/02/23【国際センター】グローバルコース1期生の留学報告会を開催しました

—2016年2月19日(金)、協創館まなびホールにて—

報告会の様子

グローバルコース第1期生が約半年間のアメリカ・ポートランド留学から帰国し、2月19日に報告会を行いました。学生20名は、最初に留学の効果測定のためのTOEIC試験を受け、その後、報告会に参加しました。

 報告会では、国際センター次長のKeith Barrs先生がさまざまなテーマを設け、ディスカッション形式で進みました。最初の5分は日本語で行い、残り約40分は全て英語で行われました。

学生たちは、グループに分かれたり、歩き回ってペアを見つけたりしながら、「現地で感じたカルチャーショックと逆に帰国して感じた「Re-entry Shock (リ・エントリー ショック)」について」、「日本に帰ってきてほっとした、或いは、もっとアメリカにいたかったかどうか」、「アメリカで経験をしたことをより有意義に活用する方法」、などについて意見交換をしました。

アメリカでできた友達やホストファミリーとの交流を続けることの他にも、それぞれの経験を個々の能力として定着していけるよう、コースの中でサポートしていく予定です。

ニュース