ニュース

2015/12/24【法学部】鈴木正彦ゼミが広島市環境基本計画(素案)について意見を提出

鈴木ゼミ

 法学部法律学科鈴木ゼミは今年度、「ゴミッション—安佐南区から環境との調和を図れ!—」のテーマのもとに、本学ひろみらセンターが主催する地域つながるプロジェクトに参加しています。この一環として、この度広島市が募集する「第2次広島市環境基本計画(素案)についての意見募集」(募集期間:平成27年11月27日から同年12月25日)、いわゆるパブリックコメントに対して6つの意見を提出しました。これは、鈴木ゼミが2015年4月から廃棄物(ごみ)処理問題について考察してきた成果と、「環境基本計画」の計画対象とする、地球環境、自然環境、都市環境、生活環境のうち、生活環境の分野、とりわけ廃棄物の分野とが合致していることもあり、「環境基本計画(素案)」39頁に記されている「ゼロエミッションシティ広島の推進」にターゲットを絞って意見を提出したものです。鈴木ゼミが検討した「広島市一般廃棄物(ごみ)処理基本計画」やこの度の「広島市環境基本計画」は「環境基本法」の理念にのっとり策定されたものとなります。
 なお6つの意見は、地域つながるプロジェクト成果報告として、2016年2月13日(土)に開催される「ひろみらFES2015」で報告する予定です。

関連リンク

ニュース